平成27年度研究評価委員会(生命工学領域)評価報告書
22/50

-18-(2)研究開発の概要11課題①創薬基盤技術の開発目的基礎の研究課題橋渡し前期の研究課題橋渡し後期の研究課題�ゲノムデータからの疾病因子推定技術開発ソフトウェア(COSMOS等)�創薬リード化合物最適化基盤技術の開発in silico分子設計システム薬効リプログラミング技術�ゲノム情報秘匿検索技術の開発�再現性および操作精度に優れたロボット創薬⽀援技術の産業展開�ロボット創薬⽀援技術による操作プロトコールの蓄積と最適化のコンサルティング事業の展開産総研が優位性を有しているバイオとITを統合した医薬リード化合物最適化技術の⾼度化・⾼速化を進め、新薬開発の加速および開発コストの低減に資する創薬基盤技術を開発する。コア技術1.医薬リード化合物最適化の⾼度化・⾼速化•独⾃のロボット技術用いたナノレベルでの超⾼感度創薬ターゲット探索技術•薬効作用推定のための数理解析技術•ヒト完全⻑cDNAライブラリー•ゲノム情報の秘匿検索技術Only oneOnly oneNo. 1Only one(2)研究開発の概要12課題①創薬基盤技術の開発目的基礎の研究課題橋渡し前期の研究課題橋渡し後期の研究課題�糖鎖模倣ペプチドを用いた抗がん剤開発�糖鎖を利用した治療薬の開発B型肝炎ワクチン�糖鎖改変技術による疾患関連タンパク質の機能制御解析精子無⼒症の原因となる糖転移酵素様遺伝子�糖鎖を利用した悪性腫瘍(肺がん、卵巣がん等)の診断薬開発�胆管がん・肝硬変を対象にした糖鎖診断薬産総研がもつ優れた糖鎖解析技術やライブラリー解析技術を応用して、疾患に特異的に反応する分子標的薬の開発に資する基盤技術の開発を⾏う。コア技術2.分子標的薬開発基盤技術•糖鎖・糖タンパク質を標的とする疾患検出・診断技術•⾼感度レクチンアレイによる糖鎖検知技術No. 1No. 1

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です