平成27年度研究評価委員会(情報・人間工学領域)評価報告書
83/92

-79-国⽴研究開発法⼈産業技術総合研究所(4)研究人材の拡充、流動化、育成•リサーチアシスタント雇用費を領域側で補填–研究現場の研究費の状況に依存しない雇用体制–積極的なリサーチアシスタントの雇用を促進•多数の学生が、産総研で実施されている国の研究開発プロジェクトや、民間企業との共同研究プロジェクト等に参画–研究人材の拡充と人材育成を実現3.橋渡しに向けた領域の戦略125国⽴研究開発法⼈産業技術総合研究所(4)研究人材の拡充、流動化、育成•産総研イノベーションスクールおよびリサーチアシスタント制度の活用等による人材育成人数–目標値:30名–実績値:32名(修士10名、博士22名。11月20日現在)–目標値を越え、昨年度実績(9名)の3.5倍を達成•リサーチアシスタントの研究成果–IF付きジャーナル:11本–トップカンファレンス等論文:10本•Google Scholar のカテゴリ上位20位内にランクされた雑誌・プロシーディングスに掲載された論文を集計–人材育成に努め、論文20報以上の優れた研究成果を創出3.橋渡しに向けた領域の戦略126

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です