平成27年度研究評価委員会(情報・人間工学領域)評価報告書
81/92

-77-国⽴研究開発法⼈産業技術総合研究所(2)マーケティング力の強化についての実績•事前評価の評点:B•根拠①共創コンサルティングによる企業の潜在的ニーズの発掘・企業のニーズに対する独自診断を鵜呑みにするのではなく、背景にある技術や経営の問題点を共に探り、合意を形成しながら大型化し、共に価値を創造②産学連携体制の整備・領域研究戦略部に連携のための橋渡し戦略推進拠点を設置・領域IC4名、連携主幹7名、知財を担当するパテントオフィサー(PO) 1名・ICおよび連携主幹の指導や能力向上のための勉強会を実施③アウトリーチ活動の大型化・展示会への出展(5件)、領域シンポジウムの開催(4回)、コンソーシアムの設置・運営(新規3件、継続4件)、プレス発表を実施3.橋渡しに向けた領域の戦略121国⽴研究開発法⼈産業技術総合研究所(3)大学や他の研究機関との連携強化•大学等との連携により研究を推進–東京大学、京都大学、九州大学、神戸大、東北大学、筑波大学、電気通信大学、慶應義塾大学、早稲田大学、テキサス大学オースティン校ほか多数•大学等との共同研究の研究成果(一部)–IF付きジャーナル:20本–トップカンファレンス等論文:3本•Google Scholar のカテゴリ上位20位内にランクされた雑誌・プロシーディングスに掲載された論文を集計–獲得資金:約51百万円•全国各地の大学と連携し、優れた研究成果を創出3.橋渡しに向けた領域の戦略122

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です