平成27年度研究評価委員会(情報・人間工学領域)評価報告書
51/92

-47-61研究開発項目①「大規模目的基礎研究・先端技術研究開発」①-(1) 脳型人工知能の研究開発運動野周辺を模倣人工運動野・基底核・小脳:ロボットの自律的・能動的な学習・制御により、ロボットの制御機構を簡素化し、開発時間・費用を削減。人工視覚野:多様な状況下で外界の状況を深く理解するロボットの実現。小脳基底核運動野多様な状況への対応力、汎用性、データの「深い理解」を可能に人工言語野:言語の意味を深く理解し人間と円滑に意思疎通するロボットの実現。視覚野言語野人工大脳皮質:大脳皮質のすべての領野に共通の動作原理を模倣視覚野の構造・機能を模倣言語野の構造を模倣、理論言語学の知見を指導原理に最新の神経科学と機械学習技術の融合①-(2) データ・知識融合型人工知能の研究開発①-(3)機械学習および確率モデリング技術の高度化画像・動画・音声データ高次元時系列センサデータ自然言語テキストLinked Open Data・概念間の関係高次概念・概念・特徴量購買データ行動データ医療データ研究データ・時間・空間的に局在するデータのモデル化により局所性や文脈依存性の高いローカル知識の獲得を可能にする・人間との共通言語・共通表現の付与により人間との親和性が高く協働できる人工知能を実現人間との親和性が高く協働できる人工知能を実現世界トップレベルのパフォーマンスの達成を目指すBDDZDDSAT SolverLoopy BPレプリカ交換モンテカルロPRISM特徴表現学習中心的課題61②次世代人工知能フレームワーク研究・先端中核モジュール研究開発②-(1) 次世代人工知能フレームワークの研究開発②-(2)先端中核モジュールの研究開発62

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です