平成27年度研究評価委員会(情報・人間工学領域)評価報告書
20/92

-16- 見込み:32名 (参考)平成26年度実績:9名 【事前評価の評点】:A <根拠> 〇技術経営力の強化に資する人材の養成に取り組んでいるか。(評価軸) 1) 本制度により修士課程10名、博士課程22名の学生が研究活動に専念し、産総研の各研究プロジェクトに参画、研究成果を学位論文に貢献した。 2) 制度促進のため、研究現場における予算負担を減らすべく、リサーチアシスタントの雇用費については、領域側で補填し、研究現場の研究費の状況に依存しないよう努めた。 3) 平成26年度実績の9名に対して、目標を超えた32名の研究人材の拡充を実現した。 4) 領域からの支援に対して、論文等の成果を含む人材育成を求めることで、平成27年度は、IF付きジャーナル:11本、Google Scholar のカテゴリ上位20位内にランクされた国際会議プロシーディングスに掲載の論文:10本といった研究成果の指標に大きく貢献した。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です