産業技術総合研究所 臨海副都心センターパンフレット
7/12

07情報・人間工学領域デジタルアーキテクチャ研究センターデジタルアーキテクチャ研究センター本研究センターでは、サイバー空間とフィジカル空間を密接に連携させるデジタルアーキテクチャと、それをささえる次世代の超分散プラットフォームの研究開発に取り組んでいます。将来のデジタル社会向けアーキテクチャの研究開発■ 超分散アーキテクチャ研究チーム■ 地理空間サービス研究チーム ■ 超分散トラスト研究チーム■ 超分散コンピューティング研究チームデジタルアーキテクチャ構築の研究拠点デジタル技術の進展に伴い、将来、情報がリアルタイムに活用できるデジタル社会が実現します。データをつなぐオープンシステムの継続進化に必要なシステム全体のアーキテクチャ設計と、データと消費者とを円滑に繋ぐ仕組みの研究に取り組んでいきます。研究事例データ駆動型のデジタル社会を実現するため、領域内外の研究ユニットをコーディネートし、アーキテクチャデザインや要素技術開発、標準化、ソフトウエア実装と普及活動を実施します。研究センター長 岸本光弘詳しく知りたい方はコチラヘ!http://www.digiarc.aist.go.jp/■ は臨海副都心センターを拠点とするチームエッジからクラウドにまたがる超分散アプリケーションサービスのアーキテクチャ、データプラットフォームの研究サービスと社会の信頼性をつなぐトラスト構築技術サイバーとフィジカルをつなぐ地理空間サービスアプリケーションサービス構築技術、エッジ・クラウド接続技術、データ管理・連携基盤技術規格・ガイドラインソフトウェア工学プロトコル・APIAI・ビッグデータ超分散ネットワークサイバーフィジカルシステム検証技術開発ツールサービス基盤クラウドエッジデバイス・センサー

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る