産業技術総合研究所 臨海副都心センターパンフレット
10/12

10臨海副都心センターの産学官連携とオープンイノベーション活動の取り組み都産技研との連携による中小・中堅企業支援新製品開発のチャレンジを支援します臨海副都心センターと地方独立行政法人東京都立産業技術研究センター(TIRI)が共同で、首都圏の中小・中堅企業の新製品開発を支援しています。両機関の担当者が企業を訪問し、技術ニーズを聞き取り、技術相談や、共同研究、依頼試験などの支援メニューを提供します。この事業をきっかけに企業、産総研、都産技研の連携事業が生まれています。3中小・中堅企業支援シミュレーションとの融合が拓く次世代AIAI、ロボティクス技術を駆使し、物流「美」ソリューションを実現!AI技術で、より良いくらしへの架け橋を!企業の戦略に、より密着した研究開発を実施するため、その企業を“パートナー企業”と呼び、産総研の中に企業名を冠した「冠研究室」「冠ラボ」を設置しています。連携研究室(冠研究室・冠ラボ)1NEC−産総研 人工知能連携研究室豊田自動織機−産総研 アドバンスト・ロジスティクス 連携研究ラボパナソニック−産総研 先進型AI連携研究ラボ産総研が大学キャンパス内に設置する新しい産学官連携研究拠点。OILの設置を行うことで大学等の基礎研究と、産総研の目的基礎研究・応用技術開発を融合し、産業界へ技術の「橋渡し」を推進します。オープンイノベーションラボラトリ(OIL)2CBBD-OILでは、生命現象のメカニズムをシステムとして理解し、疾病メカニズムの解明や究極の個別化医療への貢献を目指した研究開発を行っています。特に産総研の持つバイオインフォマティクス技術を生命医薬の分野へ活用するドライの研究を行っています。産総研・早大生体システムビッグデータ解析オープンイノベーションラボラトリRWBC-OILでは、さまざまな分野に適用できるビッグデータ処理・解析技術を提供するオープンプラットフォームを構築することで、新たな価値を創造するための研究開発から、民間企業と密接に連携する共同研究や、成果の速やかな産業化と社会実装を行うこと、さらに、高度な人材育成を行う連携拠点としても機能することをミッションとします。産総研・東工大実社会ビッグデータ活用オープンイノベーションラボラトリ▲https://unit.aist.go.jp/cbbd-oil/▲https://unit.aist.go.jp/rwbc-oil/

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る