産総研レポート 2015
50/66

48環境報告組織統治研究開発の推進労働慣行公正な事業慣行社会との共生人 権環境報告 再生可能エネルギーネットワーク開発・実証 再生可能エネルギーネットワーク開発・実証環境配慮に関する目標と実績環境配慮に関し目標を掲げ、達成状況を確認・評価して次年度の施策に反映させています。自己評価◎目標以上に達成○目標通り達成△概ね達成×未達成取り組み項目2013年度実績2014年度2015年度目標掲載ページ目標実績自己評価CO2排出削減2009年度比で2012年度~2014年度平均で約4%削減2009年度比で2012年度~2014年度の3年間の平均で4%削減2009年度比で2012年度~2014年度の3年間の平均で3.8%削減△2014年度比で2017年度~2019年度の3年間の平均で4%削減P52アスベスト対策12,898㎡を除去2014年度までに未除去部分の除去を完了4,713m2を除去。計画終了。○今後は建物閉鎖などの計画に併せて対応P55資源の有効活用リユース実績588件不用となった資産のリユース600件以上(第3期中期目標期間)リユース実績704件◎不用となった資産のリユース600件以上(第3期中期目標期間)P57グリーン調達の推進調達可能な232品目中231品目で調達率100%特定調達物品の調達率100%調達可能な236品目中234品目で調達率100%○特定調達物品の調達率100%P50グリーン契約の拡大北海道センター、苅間サイト、中国センター、四国センターで裾切り方式にて契約。産業廃棄処理契約の裾切方式について2014年度以降に導入予定北海道センター、つくばセンター、臨海副都心センター、九州センターにおいて産業廃棄物処理契約の裾切方式による契約を行った。○電気、産廃処理の契約にあたっては、原則として裾切方式での契約を行う。P51環境マネジメント

元のページ  ../index.html#50

このブックを見る