産総研レポート 2015
43/66

41人権組織統治研究開発の推進労働慣行公正な事業慣行社会との共生人 権環境報告 産総研では、役員、職員、契約職員のほか、派遣職員、外来研究員、技術研修員、受託事業者、産学官制度来訪者、国際制度来訪者、など多くの人々が 産総研では、人間の特性を計測するなど、ヒトを対象とした研究活動、人間工学実験を実施しています。 2014 年度は、新規テーマ32件、継続テーマ172 件の研究を実施しました。 実験に際しては、外部からの委員6 名を含めた人間工学実験委員会を組織し、ヘルシンキ宣言に準拠人権『コンプライアンスの道標』より第1項人権の尊重~人権を尊重し、人格を無視するような発言や行為をしません~1.基本的人権を尊重し、人種、国籍、年齢、性別、宗教、信条、社会的身分などに基づく差別をしません。2.ハラスメントなどの人格を無視する発言や行為はしません。働いています。役職や立場の違いに関係なく、お互いに尊重し助け合う気持を持つことが大切であることを認識し、業務を遂行しています。し、実験の安全性の確保、科学的妥当性の観点から、実験計画書の審査・承認を行い、適切に実施しています。 実施に際しては、実験協力者に口頭および文書による実験内容と同意撤回の自由を十分に説明し、人権と尊厳を保障しています。人権尊重の取り組み 再生可能エネルギーネットワーク開発・実証 再生可能エネルギーネットワーク開発・実証基本的人権の尊重 再生可能エネルギーネットワーク開発・実証 再生可能エネルギーネットワーク開発・実証研究活動における人権尊重

元のページ  ../index.html#43

このブックを見る