産総研レポート 2015
42/66

40社会との共生組織統治研究開発の推進労働慣行公正な事業慣行社会との共生人 権環境報告 中部センターは2015年6月23日、24日にオープンラボ(研究講演会、ポスターセッションおよびラボツアー)を開催し、延べ人数で326人の参加がありました。 両日とも午前には研究講演会、ポスターセッションを開催し、中部センターの最新の研究成果を発表しました。また、午後には主に企業・大学・公設機関などの皆様を対象とした研究現場の見学と研究担当者との交流の場を提供するラボツアーを行い、139人が参加され、研究動向をアピールすることができました。●参加者の声 説明が丁寧、わかりやすい。 実演、現場が見られてよかった。ラボツアー研究発表会ポスターセッション 再生可能エネルギーネットワーク開発・実証 再生可能エネルギーネットワーク開発・実証中部センターオープンラボ社会とのコミュニケーション●産総研のサークル活動文化系サークル「ジャズやる部」 「ジャズやる部」は、2005年に結成されました。サックス・トランペット・トロンボーン・ドラムやピアノなどの約20人で編成されるビッグバンドジャズの演奏のほか、少人数のジャズコンボやアンサンブル演奏を行っています。部員は産総研の職員や関係者30人ほどです。楽器を始めたばかりの人や、十数年ぶりに楽器を手に取った人、現役ばりばりの人などさまざまなバックグラウンドの部員が和気藹々と活動しています。 主な活動は産総研つくばセンター一般公開や産総研内の「文化祭」などにおけるステージ出演です。このほか、産総研内でのバーベキュー・退職者を送る会などのさまざまなイベントでの演奏や、近隣の夏祭り・茨城県庁・つくば市役所などの外部からの依頼による演奏なども行っています。一般公開での参加者の声 �楽しい事がたくさんあったが、職員さんのジャズ演奏が素晴らしかった。近隣の夏祭りつくばセンター一般公開

元のページ  ../index.html#42

このブックを見る