産総研レポート 2015
3/66

組織統治トップメッセージ����������02巻頭特集�������������04産総研とは������������08コンプライアンスに関する取り組み�12研究開発の推進研究特集 産総研の橋渡し研究�����14オープンイノベーション������20人材育成への取り組み�������27労働慣行安全衛生の取り組み��������30職場環境改善へ����������32公正な事業慣行利益相反・情報セキュリティ����36安全保障輸出管理���������37適切な調達������������38社会との共生社会とのコミュニケーション�����39人権人権尊重の取り組み��������41タイバーシティの推進�������43環境報告環境配慮の方針����������45環境トピックス ���������46環境マネジメント���������48地球温暖化対策����������52化学物質管理�����������54資源の有効活用・保全�������56生物多様性������������58環境コンプライアンス�������59第三者意見������������62産総研の研究拠点���������63 国立研究開発法人産業技術総合研究所(以下、産総研)は、2004年度に環境報告書を発行し、さらに、2010年度からは環境活動報告に組織の社会的責任(CSR)への取り組みを加えた「産総研レポート」を発行してきました。 今回、「産総研レポート2015 社会・環境報告」の発行にあたり、産総研におけるこれらCSR活動に加え、産総研の科学技術の成果を有効に事業につなげる「橋渡し」の取り組みついて、わかりやすく、親しみやすい説明を通じて、さまざまなステークホルダーの皆様にご理解をいただくことにより、産総研と社会との共生により一層深い信頼関係を築くことを目指して編集いたしました。特に、「橋渡し」研究特集では、産総研を代表し世界をリードしている研究を中心に、社会における産総研の活動を紹介いたしました。 なお、環境報告に関する研究拠点ごとの詳しいデータについてはHPで公開しております。 産総研公式HP http://www.aist.go.jp/◆報告対象範囲 産総研全拠点の活動を報告対象としています。◆報告対象期間 2014年4月~2015年3月◆報告対象分野 産総研における組織統治、人権、労働慣行、公正な事業慣行、社会との共生、環境活動、労働安全衛生活動およびオープンイノベーション活動を主な対象とします。◆数値の端数処理 表示桁数未満を四捨五入しています。◆参考にしたガイドラインなど●「環境報告ガイドライン(2012年版)」環境省●「環境情報の提供の促進による特定事業者の環境に配慮した事業活動の促進に関する法律」●「環境報告書記載事項等の手引き(第2版)」環境省●「日本語版ISO 26000:2010 社会的責任に関する手引き」(財)日本規格協会◆次回発行予定 2016年9月編集方針目 次01目次

元のページ  ../index.html#3

このブックを見る