2013
9/64

組織統治7組織統治 ■ 産総研は、産業界と共同で、TIAの場を活用した民活型の共同研究体「つくばパワーエレクトロニクスコンステレーション(Tsukuba Power-Electronics Constellations(TPEC))」を2012年4月27日に設立しました。 パワーエレクトロニクスは、わが国産業がグローバル市場において依然として高い競争力を有している分野です。TPECはパワーエレクトロニクスに関連するわが国産業界が研究開発資金の大半を賄うことでオープンイノベーション拠点を自立的かつ持続的に運営する民活型の共同研究体です。TPECは共同の研究開発と同時に優秀なパワーエレクトロニクス人材育成も行うことを目指しています。 2013年6月末現在、民間企業29社がその趣旨に賛同し、わが国初となる本格的オープンイノベーション拠点の実現に挑戦しています。産総研は、 2012年8月27日~30日の4日間、つくばイノベーションアリーナ(TIA)の企画による「第1回TIAパワーエレクトロニクス・サマースクール」を産総研つくば中央において開催しました。次代を担うわが国の若手人材の育成を目的として行われ、62名の大学院生および53名の社会人が参加しました。14名の講師による基礎から応用までの3日間の集中講義や、参加者による研究テーマ交流会、見学ツアーなどを行いました。特に、3日目は海外から招聘した2名の世界的権威の先生の講義やパネル討論など1日すべて英語で行うなど、グローバル化を見据えた取り組みを行いました。また、スクールに参加する学生の交通費、滞在費は、民活型共同研究体TPECが補助するなどの工夫を行うことで、全国の学生が参加しやすくなっています。 2013年度は「TIA連携大学院サマー・オープン・フェスティバル」の一環として、新設のTIA連携棟(産総研つくば西事業所)において、第2回パワーエレクトロニクスサマースクールと第1回ナノエTPECの中核機関として、組織運営を推進していきます。また人材育成については、筑波大学を中核として、わが国のパワーエレクトロニクス関係大学や公的研究機関(アカデミックメンバー)の支援を得ながら推進しています。レクトロニクスサマースクールを8月に開催しました。 ‌�つくばパワーエレクトロニクスコンステレーション(TPEC) ‌�TIA大学院連携サマースクール第1回TIAパワーエレクトロニクス・サマースクール第1回TIAパワーエレクトロニクス・サマースクール修了式TPECへの参画機関

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る