2013
31/64

オープンイノベーション29オープンイノベーション ■ 協定数:81件、73大学連携大学院協定を締結した大学(2013年3月末現在)東北大学東北学院大学山形大学福島大学筑波大学茨城大学宇都宮大学群馬大学埼玉大学千葉大学千葉工業大学日本大学東邦大学東京大学、東京医科歯科大学東京理科大学、首都大学東京東京工業大学、上智大学東京農工大学、立教大学青山学院大学、明治大学早稲田大学、お茶の水女子大学芝浦工業大学、電気通信大学東京電機大学、東京都市大学明星大学、関東学院大学横浜国立大学横浜市立大学神奈川工科大学湘南工科大学東海大学名古屋工業大学名城大学大同大学愛知工業大学中部大学岐阜大学香川大学徳島大学神戸大学兵庫県立大学関西学院大学立命館大学、同志社大学京都工芸繊維大学、大阪大学大阪府立大学、大阪電気通信大学関西大学奈良先端科学技術大学院大学九州大学九州工業大学北九州市立大学佐賀大学北海道大学長岡技術科学大学信州大学金沢大学北陸先端科学技術大学金沢工業大学福井大学広島大学山口大学熊本大学鹿児島大学和歌山大学静岡大学山梨大学 技術研修 技術研修は、企業、大学、公設試験研究機関などの研究員・技術者・学生などを一定期間産総研に受け入れて、産総研研究員の指導の下、目標とする技術を習得していただく制度です。2012年度は1,469名の方がこの制度を利用しました。●連携大学院制度との併用 産総研の研究員が連携大学院の客員教員に就任し、大学院生を産総研に受け入れて研究指導を行っています。また、大学院の講義を行うなど産総研の研究ポテンシャルを活用して大学院生の教育およびその支援を行っています。●インターン制度 主に大学の学生を対象とした短期間の技術研修を行っています。●研修生の声「最先端技術に関わる方々と研究をすることができ研究姿勢を学んだ。」(企業)「プロフェッショナルな研究者と研究活動を行えたことは有意義な経験であると感じた。技術に関する事柄だけでなく、研究や仕事をする上での心構えについても熱心に指導してくださり非常に勉強になった。」(大学)「産総研職員と課題について協議する中で、課題解決に向けたアドバイスが得られた。」(公設試)02004006008001,0001,2001,4001,600(名)1342009年度2010年度2011年度2012年度52981,3451,3451,3881,3881,3861,3861,4691,4699336132175185456162701,152(159)1,105(149)1,061(135)1,127(160)国内企業から国内法人から海外機関から国内大学から(うち連携大学院から)技術研修の受け入れ実績

元のページ  ../index.html#31

このブックを見る