2011
36/58

利益相反マネージメントの体制など利益相反マネージメント ポリシー利益相反マネージメント 実施規程利益相反マネージメント 委員会利益相反アドバイザリーボード利益相反カウンセラー定期自己申告マネージメント事象発生事前マネージメント事前相談事前自己申告研修の実施(初任者研修・幹部研修等)事務所その他マネージメント(目的・基本方針)(対象・基準・体制・手続方法)(法務企画室に設置)(外部有識者による 諮問機関)(顧問弁護士等)情報セキュリティ研修実績(人)集合研修Web研修CD-ROM研修部門面談研修延べ受講者1,152(23回)124329791,6841,033(22回)24815511,3472007年度2008年度1,178(22回)34437501,6092009年度1,857(22回)4,432(2010年度廃止)1126,4012010年度公正な事業慣行 産総研の役職員らが職務に関して個人的な利益を優先させている、あるいは、外部活動に時間配分を優先させていると見られることは、たとえ実際はそうではないとしても、研究者の誠実性が疑われたり、研究結果にバイアス(偏重)が持ち込まれているのではないかという疑念を招き、産総研での研究活動や産学官連携活動などに弊害を及ぼします。 このため、産総研では、利益相反マネージメント実施規程などを策定し、産学官連携活動などの相手先企業に個人的利益を有する場合を対象に、「利益相反マネージメント」を実施してきました。 2010年度は、産総研の役職員等を対象として、年2回(上期:8月、下期:2月)の「利益相反に係る定期自己申告」を実施しました。上期においては3,211名、下期においては3,190名からの申告を受け、利益相反が懸念される役職員ら4名に対し、外部の利益相反カウンセラーによるヒアリングを実施しました。利益相反マネージメントの実施 産総研で働く役職員等の情報セキュリティポリシーに関する理解を深め、情報セキュリティ対策を適切に実践できるようにするため、情報セキュリティ教育としてWeb研修などを継続的に実施し、情報セキュリティ意識の維持・向上を図っています。情報セキュリティ研修34公正な事業慣行公正な事業慣行

元のページ  ../index.html#36

このブックを見る