産総研LINK No12
6/16

BUSINESS MODEL大阪府を中心に和食レストランチェーンを展開しているがんこフードサービス株式会社。産総研は2008年から同社と連携し、従業員の作業計測や需要予測など、工学的アプローチによる生産性向上やサービスの改善に取り組んでいる。がんこフードサービスの副社長である新村猛氏と、産総研でサービス計測技術の開発に取り組む蔵田武志に、10年に及ぶ共同研究の経緯と成果、これからの展望を聞いた。意外な組み合わせが生み出すレストランの異次元改革がんこフードと産総研がコラボレーション!?BUSINESSMODEL新村 猛新村 猛がんこフードサービス株式会社取締役副社長Takeshi Shimmura蔵田 武志蔵田 武志産業技術総合研究所人間情報研究部門 サービス観測・モデル化研究グループ研究グループ長Takeshi Kurata06 LINK 2017-04

元のページ  ../index.html#6

このブックを見る