アニュアルレポート 2005-2006
9/110

organizationAnnual Report 05-06運営諮問会議相澤 益男 (議長)東京工業大学学長麻生 渡福岡県知事伊佐山 建志日産自動車株式会社副会長歌田 勝弘味の素株式会社特別顧問内ヶ崎 功日立化成工業株式会社取締役会長小宮山 宏東京大学総長中西 友子東京大学大学院農学生命科学研究科教授野中 ともよ特定非営利活動法人金融知力普及協会理事Lord BroersChairman of House of Lords Select Committee for Science and TechnologyHans-Jörg BullingerPresident, Fraunhofer-Gesellschaft, GermanyGeoff GarrettChief Executive, Commonwealth Scientific and Industrial Research Organisation (CSIRO), AustraliaBinglin GuPresident, Tsinghua University, ChinaRichard K.LesterProfessor, Nuclear Science and Engineering, Massachusetts Institute of Technology (MIT) and Founding Director, MIT Industrial Performance Center, USASakarindr BhumiratanaPresident, National Science and Technology DevelopmentAgency (NSTDA), ThailandHratch G. SemerjianDeputy Director, National Institute of Standards and Technology (NIST), USA 産業技術総合研究所運営諮問会議は、国内外各界の指導的有識者をメンバーとして、研究所の研究活動全般、資源配分方式・評価システム等の運営および将来の研究所の向かうべき方向などについて、外部の視点から総合的に検討を行い、助言を得ることを目的としています。第4回会議は、2006年2月6日〜7日の2日間、「イノベーションエンジンとしての産総研の第2期戦略について」を討議内容として、つくばセンターで開催されました。会議では、理事長の「第2期をスタートして」の説明に続き委員との意見交換、委員および当所役員によるイノベーションハブ戦略に関する討議等、活発な議論が交わされました。また、3グループに分かれての研究現場見学と研究者との意見交換が行われました。メンバー

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer9以上が必要です