産総研トップへ

「中国地域産総研技術セミナー in 米子」開催のご報告

セミナーの概要

 国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)は平成28年12月12日(月)に地方独立行政法人鳥取県産業技術センター機械素材研究所(鳥取県米子市日下1247)にて、産総研の研究開発の成果を中心にご紹介する「中国地域産総研技術セミナー in 米子」を開催致しました。今回は、「地方独立行政法人鳥取県産業技術センター ロボット講習会」との合同開催で、「ロボット関連技術」をテーマにして、産総研から1件、鳥取県産業技術センターから1件、株式会社デンソーウェーブから1件の講演を行いました。鳥取県内を中心に企業や県の関係者等、約40名の参加があり、盛況の内に開催することができましたので、その一端をご紹介いたします。

 産総研中国センターの柳下宏所長の開会挨拶の後に、以下の3件の講演がありました。

講演

講演1

「産総研が取り組むロボット関連技術の研究開発について」
 国立研究開発法人産業技術総合研究所
  情報・人間工学領域 知能システム研究部門
   副研究部門長  河井 良浩

講演2

「アルミコイル製品端面自動補正装置の開発」
 地方独立行政法人鳥取県産業技術センター 機械素材研究所
  計測制御科 研究員  新見 浩司

講演3

「デンソーの産業用ロボット導入事例紹介~ものづくりにおけるロボットの活用について」
 株式会社デンソーウェーブ 営業グルーブ 大阪支店 広島営業所
  ロボットシステムアドバイザー  益田 博文
 

 各講演について多数の質問があり、活発な意見交換がなされました。
 最後に、鳥取県産業技術センターの村江清志理事長から閉会の挨拶がありました。
 産総研中国センターでは、今後も中国地域の各地で公設研究機関と協力し、地域のニーズに合った、産総研や公設研究機関の研究成果を紹介するセミナーを開催する予定です。

 

講演会の様子

講演1
開会挨拶(産総研中国センター 柳下所長) 講演1
講演2
講演2 講演3

閉会挨拶
閉会挨拶(鳥取県産業技術センター 村江理事長)