産総研トップへ

「中国地域産総研技術セミナー in 米子」開催のご案内

「中国地域産総研技術セミナーin米子」
「地方独立行政法人鳥取県産業技術センター ロボット講習会」

 国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)中国センターでは、産総研の研究活動や開発技術をご紹介するとともに、中国地域と産総研の技術的・人的ネットワークを図ることを目的としてセミナーを開催しています。今回は「地方独立行政法人鳥取県産業技術センター ロボット講習会」との合同開催で、「ロボット関連技術」をテーマとして、最新の研究成果及び機械素材研究所へ導入されたロボットをご紹介いたします。
 多数の皆様のご参加をお待ちしております。

 
日時 平成28年12月12日(月)13時30分より
場所 (地独)鳥取県産業技術センター 機械素材研究所(案内図)
〔鳥取県米子市日下1247 電話:0859-37-1811〕
主催 (国立研究開発法人)産業技術総合研究所 中国センター
(地独)鳥取県産業技術センター
後援 中国経済産業局、(公財)ちゅうごく産業創造センター
(一社)中国地域ニュービジネス協議会、(独)中小企業基盤整備機構中国本部
定員 50名(申し込み順:定員になり次第、締め切ります)
参加費 無料
ご案内のダウンロードはこちらから
 PDFダウンロード [PDF:340KB]
 
               

プログラム

開会挨拶(13:30~13:40)

 国立研究開発法人産業技術総合研究所 中国センター 所長  柳下 宏

講演1(13:40~14:40)

「産総研が取り組むロボット関連技術の研究開発について」

 国立研究開発法人産業技術総合研究所 情報・人間工学領域
                   知能システム研究部門 副研究部門長  河井 良浩

 ロボット技術はものづくりの現場にとどまらず、サービス分野、介護分野、災害分野、農林水産分野等多方面へ拡がりを見せています。産総研においても、ロボット関連技術の基礎研究から様々な分野への応用研究まで幅広く取り組んでおり、これらについて紹介します。

講演2(14:40~15:00)

「アルミコイル製品端面自動補正装置の開発」

 地方独立行政法人鳥取県産業技術センター 機械素材研究所
                     計測制御科 研究員  新見 浩司

 県内においてアルミコイルを主力製品の一つとして製造販売している企業があります。このアルミコイルは電力用変圧器の巻線として使用されるもので、客先の変圧器メーカーで絶縁紙と同時に鉄心に巻くためアルミコイルの端面を正確に揃えることが要求されています。そのため製造に端面補正機能をもつ高額な装置を導入する必要がありました。そこで、既存のラインに低コストで設置可能なコイル製品の端面補正装置の開発を企業と共同で行った内容について紹介します。

休憩(15:00~15:10)

講演3(15:10~16:10)

「デンソーの産業用ロボット導入事例紹介 ~ ものづくりにおけるロボットの活用について」

 株式会社デンソーウェーブ 営業グルーブ 営業部 大阪支店 広島営業所
                     ロボットシステムアドバイザー  益田 博文

 デンソーグループは、自動車部品製造において、多様化する市場ニーズに対応できるフレキシブルな生産体制を目指して、様々なFAシステムを自社で開発しています。自動車部品製造に求められる、高水準の品質保証、生産性の確保、生産リードタイムの短縮といった、工場の自動化課題に挑戦し続ける、デンソーグループの生産技術力を結集して開発したデンソーロボットの活用事例、及び今後の生産システムの課題(小型化・開発期間短縮・工場情報システム等)への取り組みについて紹介します。

導入ロボットの実機デモンストレーション(16:10~16:40)

 地方独立行政法人鳥取県産業技術センター 機械素材研究所

閉会挨拶(16:40~16:50)

 地方独立行政法人鳥取県産業技術センター 理事長  村江 清志
 

お申込み

下記のメール送信フォームまたはFAX送信表からお申し込みください。締切:12月8日(木)

◆メール送信フォーム
 内容を書き込んで送信してください。
  ⇒ WEBで参加申込

◆FAX送信表
 内容を書き込んで作成したものを印刷し、FAXしてください。
  ⇒ FAXで参加申込【Word:48KB】

※本登録にご記入いただきました情報につきましては、個人情報保護法のもと適切に管理し、本目的以外への転用はいたしません。
 

本件に関するお問合せ先

産総研 中国センター 大谷、谷本

広島県東広島市鏡山3-11-32
電話:082-420-8245、FAX:082-420-8281
電子メール:c-renkei_seminar-ml#aist.go.jp(#は@に置き換えてください)