産総研トップへ

「中国地域産総研技術セミナー in 岡山」開催のご案内

―ものづくりにおける最近のオンデマンド計測・評価技術―

 国立研究開発法人産業技術総合研究所 中国センターでは産総研をはじめとする各機関の研究活動や開発技術をご紹介するとともに、中国地域と産総研の技術的・人的ネットワークを図ることを目的としてセミナーを開催しています。
 今回は、「ものづくりにおける最近のオンデマンド計測・評価技術」をテーマとして、最新の研究成果をご紹介いたします。
 多数の皆様のご参加をお待ちしております。

 
日時 平成29年2月28日(火) 13:30~16:50
場所 岡山ロイヤルホテル 2階 光楽の間(案内図)
〔岡山市北区絵図町2-4 TEL:086-255-1111〕
主催 国立研究開発法人産業技術総合研究所 中国センター
共催 岡山県工業技術センター
定員 70名(申し込み順:定員になり次第、締め切ります。)
参加費 無料
ご案内のダウンロードはこちらから
 PDFダウンロード [PDF:204KB]
 
               
開会挨拶(13:30-13:40)
 国立研究開発法人産業技術総合研究所 中国センター 所長  柳下 宏
 

- 第一部 講演会 -

①「加工表面粗さの高速オンマシン評価技術の開発」(13:40-14:40)

 岡山大学大学院教授  大橋 一仁 様

 機械加工した表面のミクロンレベルの凹凸(表面粗さ)の評価には、専用の測定機を用いて数分の時間を要しています。この表面粗さを工作機械上で瞬時に評価する方法とその応用について紹介します。

 キーワード:表面粗さ、研削加工、オンマシン評価、全数検査

②「CFRPのレーザー加工と損傷評価技術の開発」(14:40-15:30)

 産業技術総合研究所 製造技術研究部門 構造・加工信頼性研究グループ
                    研究グループ長  原田 祥久

 自動車や航空機等の輸送機器への適用が増加している CFRP(炭素繊維強化プラスチック)の二次加工には、機械加工、ウォータージェット加工やレーザー加工がありますが、切断面の品質が課題となっています。ここでは、レーザー切断加工によって得られたCFRPの損傷評価技術について紹介します。

 キーワード:レーザー加工、熱影響領域、引張・疲労試験、マイクロフォーカスX線CT、サーモグラフィー

- 休憩(15:30~15:40) -
③「機器・構造体の寿命を評価するには -構造信頼性確保システムの開発-」(15:40-16:20)

 岡山県工業技術センター 所長  鈴木 隆之

 機器・構造体の信頼性の確保には、使用過程中に生じる疲労き裂を検出・評価し、寿命・余寿命を評価することが必要です。ここでは高感度磁気センサーを用いた疲労き裂の検出・評価法と電磁逆解析による寿命・余寿命評価方法について紹介します。

 キーワード:疲労破壊、疲労き裂、高感度磁気センサー、電磁逆解析、寿命・余寿命評価

- 第二部 岡山県工業技術センターの研究・業務紹介 -(16:20-16:40)

 岡山県工業技術センター 研究企画室長  吉川 満雄 

閉会挨拶(16:40-16:50)
 岡山県工業技術センター 所長  鈴木 隆之
 

お申込み

下記のメール送信フォームまたはFAX送信表からお申し込みください。締切:2月21日(火)

◆メール送信フォーム
 内容を書き込んで送信してください。
  ⇒ WEBで参加申込

◆FAX送信表
 内容を書き込んで作成したものを印刷し、FAXしてください。
  ⇒ FAXで参加申込【Word:48KB】

※本登録にご記入いただきました情報につきましては、個人情報保護法のもと適切に管理し、本目的以外への転用はいたしません。
 

本件に関するお問合せ先

産業技術総合研究所 中国センター  大谷、谷本

広島県東広島市鏡山3-11-32
電話:082-420-8245、FAX:082-420-8281
電子メール:c-renkei_seminar-ml#aist.go.jp(#は@に置き換えてください)