English

 

イベント

2021/11/04

超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト(超超PJ) 最終成果報告会

関連領域:材料・化学領域アイコン

産総研:主催

超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト(超超PJ)は、主に有機系材料を対象とした高度な計算科学、高速開発・革新プロセス技術および先端ナノ計測評価技術によって作成したデータ群と、人工知能(AI)技術などの融合により、経験と勘に依存する従来型の材料開発と比べて、試作回数・開発期間を飛躍的に削減・短縮することを目標とする材料設計基盤技術の研究開発プロジェクトで、産総研と技術研究組合ADMATが集中研方式により2016 年度から6年計画で共同実施して参りました。

2022年3月末に終了を迎えるにあたり、プロジェクトの成果と今後の展開などを広く一般に共有することを目的とし、最終成果報告会を開催いたします。

開催概要
日時 2022年1月18日 火曜日 ~ 1月19日 水曜日
会場 オンライン開催(Teams)
主催 先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)
産業技術総合研究所
国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
参加費 無料
参加人数 1000人
申込方法 事前登録制(詳細は下記ADMATホームページをご確認ください。)
申込締切 2022年1月7日 金曜日
問い合わせ先
超超PJ成果報告会事務局(産総研 機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター内)
Eメール:M-u2m-info-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)
プログラム、申込先、その他詳細情報 先端素材高速開発技術研究組合(ADMAT)ホームページ
https://www.admat.or.jp/news

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所