English

 

イベント

2018/07/04

平成30年度 産総研 エネルギー・環境シンポジウムシリーズ
「水環境の評価、修復およびそれを支える計測技術」

関連領域:エネルギー・環境領域アイコン

産総研:主催

産総研では、「産総研水プロジェクト」として、所内の水に関わる研究者を集結することにより計測技術、対策技術、評価技術を外部に「見える化」させ、産業貢献を目指し外部機関との連携ならびにアジアを中心に海外展開を考えている企業に対する水ビジネスのサポートなどを推進してきました。ご存じのように国連の持続可能な発展目標(SDGs)の6番目にも「すべての人々の水と衛生の利用可能性と持続可能な管理を確保する」ことが謳われており、水に関連する技術開発は世界的にますます重要になっています。一方、水資源を比較的豊富に利用でき、対策が適切に行われている日本では水リスクをあまり実感しないところですが、実際には数多くの技術相談がよせられており、技術的に改善の余地があることを認識させられます。

今回の講演会では、水を対象とした技術開発の重要性を再認識すべく、水を取り巻く現状、そして実際に必要とされる水処理技術、水質を評価するために重要な標準化について、各方面でご活躍の外部の講師に最新の研究動向を講演いただくとともに、環境管理研究部門を中心に産総研が行ってきた水プロジェクトの研究成果を発表します。

開催概要
日時 2018年10月3日 水曜日 13時00分 ~ 17時20分(受付:12時30分~)
会場 機械振興会館ホール
〒105-0011 東京都港区芝公園3-5-8 機械振興会館 地下2階
主催 産業技術総合研究所
共催 産業技術連携推進会議 環境・エネルギー部会
参加費 無料
定員 200名(定員になり次第締切)
申込方法 Eメール
※詳しくは、下記の開催案内をご確認ください。
問い合わせ先 産業技術総合研究所 環境管理研究部門 研究発表会事務局
Eメール:emri-2018touroku-ml*aist.go.jp(*を@に変更して送信下さい。)
プログラム、申込先、その他詳細情報 平成30年度 産総研 エネルギー・環境シンポジウムシリーズ
「水環境の評価、修復およびそれを支える計測技術」
https://unit.aist.go.jp/emri/kouenkai/2018/

▲ ページトップへ