English

 

つくばセンター

イノベーション推進本部

上席イノベーションコーディネータ

綾 信博(あや のぶひろ)の写真

綾 信博(あや のぶひろ)

専門分野

  • 化学工学
  • 製造プロセス
  • 情報・システム
  • 粉体・微粒子
  • 光計測
キーワード
  • ナノ粒子・粉体・エアロゾル
  • ファインバブル
  • レーザー計測
  • セマンティック技術
  • 国際標準化
詳細情報

略歴

1989年4月  工業技術院 機械技術研究所入所
2009年11月   産学官連携推進部門 産学官連携コーディネータ
2010年10月  イノベーション推進本部 イノベーションコーディネータ
2015年4月  イノベーション推進本部 上席イノベーションコーディネータ(現職)

これまで主に、微粒子工学、製造プロセス技術、情報技術の研究開発に従事。2007年からは産学官連携活動に従事し、企業との大型連携の構築や国際標準化活動などを通じた技術の社会への橋渡しを進めている。

主な連携活動

  • 加工機械系企業、建設機械系企業との中長期大型共同研究(冠ラボ設立)を支援
  • 他に、自動車系、材料系、食品系企業及び粉体、ファインバブル業界団体、他と共同研究の立案など
  • 国家プロジェクト(NEDO大型プロジェクト事業など)への基本コンセプト構築や参加企業の調整等を含む、とりまとめに関与
  • 中小企業庁や(サポイン事業)、NEDO(ベンチャー関連事業)等の制度を活用する中小企業・ベンチャー企業の技術開発について、企業の強味を活かせるビジネスモデル・出口探索、研究開発計画の精査含めた提案支援
  • 国際標準(ISOのTCマネージャー、リエゾン代表者等)、国内標準(原案作成委員長等)の開発推進、標準化を通じたイノベーション創出を支援

連携に向けた思い・コメント

コーディネータは、ビジネスのプロフェッショナルである企業と、その分野の研究のプロフェッショナルである研究グループを結ぶバッファ層としての役割のみならず、時として共同技術開発の企画やマネジメントにも深くかかわります。また、その成果を社会に広げ、イノベーションに繋げることを意図して、標準化活動も担います。そうした中で、コーディネータとしてのプロフェッショナルにふさわしい仕事をやり遂げることこそが喜びです。連携の構築で終わりではなく結果を求め更に波及効果まで確認したい、世の中に役に立つ技術の揮発と実用化の一助になりたいと思います。

参考情報

Web:『産総研Today』
尾崎 浩一(おざき こういち)の写真

尾崎 浩一(おざき こういち)

専門分野

  • 機械工学
  • ものづくり
  • 加工技術
  • エネルギー機械
キーワード
  • 機械要素
  • 機構学
  • 熱力学
  • 効率
  • ヒートポンプ
  • 技能継承
詳細情報

略歴

1980年 工業技術院機械技術研究所に入所。
  • 以来、機械要素、エネルギー機械、微小機構、加工技術、ものづくり現場の支援技術に関する研究開発に従事。
2003年 産総研ものづくり先端技術研究センター
  • 中小製造業の加工現場の技術力向上を目的として高度な加工技術情報を集積した「加工技術データベース」を産学官の専門家の協力で構築し、インターネットに公開、その普及活動に従事。
2011年9月 イノベーション推進本部イノベーションコーディネータ
2012年 産学官連携推進部
  • 産学・地域連携室長として、産総研の地域中小企業支援に関する各種活動の計画策定と実行の取りまとめに従事。(~2013)

2015年4月 イノベーション推進本部上席イノベーションコーディネータ(現職)

主な連携活動

  • 切削、鋳造などの加工技術分野。企業の技術力向上に関する連携のマッチング。この分野の産総研の研究者は少なくなっています。それでもお役に立てることはあると思います。
  • 産総研の技術を用いたセンサーの開発。センサー用機能性材料の成膜、創成など。
  • スマートテキスタイル分野の要素技術、センサーデバイスの開発。
  • 地域企業との連携構築においては、地域企業の状況やニーズに詳しい公設試の方々との共同作業を重視しています。
(受賞歴)
  • 2013年度 産総研理事長賞 「中小企業支援スキームの戦略的構築」
  • 2017年度 産総研理事長賞 「訪問型テクノブリッジフェアを活用した地域中核企業との連携モデル構築」

連携に向けた思い・コメント

産総研には幅広い分野に、数多くの研究者がいます。いろいろな分野の研究者やコーディネータと協力して、中小企業を含めた企業の皆さまのニーズに答えるマッチングを図っていきたいと考えております。企業の皆様との連携に必要なことは、皆様のコア技術・強みに、あと何をプラスすべきかの分析です。いわば自社技術力を起点とした課題の抽出と解決策の検討です。何なりとご連絡ください。

参考情報

山田 澄人(やまだ すみと)の写真

山田 澄人(やまだ すみと)

専門分野

  • 技術戦略立案
  • 新事業開発(コンサルタント)
詳細情報

略歴

1980年 東京工業大学 大学院修士課程修了、富士フイルム(株)入社
2008年~2013年 富士フイルム(株)執行役員
2015年に産総研に入所。イノベーション推進本部 上席イノベーションコーディネータに着任。

前職では入社以来、主としてメディカル製品の開発・市場投入を担当。コンシューマー用製品では初代チェキの開発を担当。執行役員としては、R&D統括本部にて技術戦略担当。

主な連携活動

  • 産総研Nano Imaging Solutions Projectを立ち上げ、従来技術で観察できなかった溶液中のナノの世界をありのままに可視化する活動を展開。継続中。         
  • 他に、食品系、印刷系、ヘルスケア系、交通系、地質調査系企業、他との共同研究、などを提案実施。

連携に向けた思い・コメント

民間企業での製品開発マネージメント(要素技術開発から製造移管、市場投入まで)や経営における技術戦略立案遂行の経験を活かして、新規研究案件をビジネス案件と繋ぐお役に立てればと考えております。また、新事業開発プロセスにおいても、お役に立ちたいと思っております。

陶山 一雄(すやま かずお)の写真

陶山 一雄(すやま かずお)

専門分野

  • マーケティング
  • 海外進出の事業企画(コンサルタント)
詳細情報

略歴

2015年に産総研に入所。イノベーション推進本部 上席イノベーションコーディネータに着任。
前職は、家電・電化製品製造企業にて勤務。
特に海外販売会社をメキシコ、シンガポール拠点と経験し、マレーシア、タイは現地法人の責任者を経験。
帰国後は、事業部の副部門長として勤務。
退職後、海外事業を支援するコンサルタント会社を起業。
     

主な連携活動

  • 素材系企業との大型共同研究(冠ラボ設立)を支援
  • 他に、金属材料系、商社系、ヘルスケア系企業他との共同研究の立案、国家プロジェクトへの共同参画などを実施。
  • 海外公的機関(タイ、台湾)との共同研究の立案。

連携に向けた思い・コメント

民間企業での、長年のコンシューマー製品に関するマーケティング全般の活動経験や14年に渡る海外経験と事業部責任者の経験を活かして、新規研究案件をビジネス案件と繋ぐ事にお力になればと考えております。また連携においては、企業様の事業計画を念頭において進める所存です。

黒島 光昭(くろしま みつあき)の写真

黒島 光昭(くろしま みつあき)

専門分野

  • 企業調査
  • 投資運用分野
  • 廃棄物・廃水処理分野
  • リサイクル分野
詳細情報

略歴

2015年12月に産総研に入所。イノベーション推進本部 上席イノベーションコーディネータに着任。職歴は以下。
1992年、州立ハワイ大学大学院、現地ベンチャー、JSTにて廃水処理技術の研究開発に従事。
1998年、大手水処理会社入社。廃水・廃棄物リサイクルの新事業開発に従事。
2008年、投資信託ベンチャー企業入社。環境系アナリスト、運用調査部長、代表取締役とキャリアアップしながら投資運用業務に従事。「世の中にとって本当に無くてはならない企業」の徹底調査を実施し100~200社への投資運用を実施。
2013年、財団法人職員としてベンチャー企業の支援業務に従事。
 

主な連携活動

  • 技術コンサルティング制度の統括担当(2016~2018)。2018年度産総研理事長賞「技術コンサルティング制度の確立による企業連携拡大」
  • 水処理関連企業、銀行、商社への技術コンサルティングによる橋渡し。
  • デザインブレインマッピング手法を用いた共創型技術コンサルティングの提案。
  • 欧州大手化学企業との長期、複数テーマ連携担当。知財ガイドラインの先行事例として寄与。
  • GeoBank募集特定型寄附金制度(クラウドファンディング含む)の立ち上げ。
  • 北海道センターと協力し、農工連携プラットフォームでの連携企画を実施中。
  • ふるさとサポーター(長崎県)として、県工業技術センター、地域未来牽引企業、大学との連携を実施中。

連携に向けた思い・コメント

「事業開発」という観点で、産総研は大切な国家資産の技術シーズの宝庫です。シーズ由来の「何らか価値創造」を提案し、世の中にとって無くてはならない企業様に橋渡しをすることが私の役割です。研究者・技術者の思いが実体経済の現場で続々と花開いていくような世の中作りに貢献いたします。

福井 実(ふくい みのる)の写真

福井 実(ふくい みのる)関西センター勤務

専門分野

 
  • 物理化学
  • 高分子化学
  • 機能商品科学
キーワード
  • 材料・化学領域: 機能性材料、ナノマテリアル、高分子材料、セルロース材料、繊維材料、繊維加工技術、機能商品デザイン
  • 生命工学領域: バイオマテリアル、ゲノム関連技術、診断薬・診断デバイス関連技術、感性工学、ヘルスケア関連技術
  • エレクトロニクス・製造領域: センサー材料、センサーシステム、ウエアラブル、先進コーティング技術
詳細情報

略歴

1981年 大手化学メーカー入社。研究所で繊維機能加工、機能商品の開発と事業化を経験。
2005年~2010年 中国の海外子会社の社長、会長として、経営を経験。
2010年~2016年 繊維事業の研究所所長、センター長歴任。素材力、技術力を生かした、これまでの技術ではできない「価値商品の創出研究」を陣頭指揮。
2016年7月 イノベーション推進本部 上席イノベーションコーディネータとして産総研に入所。
一般社団法人繊維学会理事(2010年度~2012年度)、監事(2014年度~2015年度、2018年度~2019年度)を歴任
 

主な連携活動

  • 産総研のナノ機能材料の特性を生かした、大手企業と長期の大型共同研究推進。
  • 企業の研究開発部門のキーマンの皆様との様々な出会いを通じて、企業の研究開発戦略に合致する産総研研究者やシーズの紹介とイノベーティブな新商品、社会価値創出研究の連携体制を数多くコーディネート。

連携に向けた思い・コメント

大企業における長年の研究開発部門での経験や視点も生かした、一体感のある連携をコーディネートさせていただければと思っております。 連携にかかわる研究者同士が、これまで出来なかった価値を生む技術とそれによって生まれるビジネスモデルまで「共通の絵姿」として、共有して知恵を絞り合うことが連携の成功の秘訣と思っています。 産総研には7つの研究領域において、企業の研究者が知りたいターゲット分野における最先端の技術や課題を知り、革新的研究から現場に即した事業応用研究を行っている研究者が居ります。そのような産総研の研究者と貴社の研究者のコラボレーションで新しい価値や新事業を創出する連携研究を、ぜひ、一緒に支援させていただければと思っております。


 

▲ ページトップへ

イノベーションコーディネータ

佐脇 政孝(さわき まさたか)の写真

佐脇 政孝(さわき まさたか)

専門分野

  • 地域科学技術政策
  • 研究開発戦略
  • 公共経済学
詳細情報

略歴

2005年4月 民間シンクタンク勤務を経て産業技術総合研究所に入所。第3期中期計画、産総研地域事業計画など各種計画策定技術ニーズ調査、地域イノベーションシステム調査等各種調査に従事
2011年10月 関東経済産業局 地域経済部 産業技術総括調査官(出向)
2014年4月から 現職
 

主な連携活動

  • 精密機械系企業との組織的連携活動のコーディネート。
  • ヘルスケア系、インフラ系、機械製造系企業等との共同研究立案、外部資金調達支援。
  • 公設試験研究機関と連携した中小企業の技術課題解決支援。
  • SNSと連携した新製品開発プロジェクト支援。

連携に向けた思い・コメント

技術の専門家ではありませんが、企業や企業グループにおける製品開発や、それを誘導する政策など、広い意味で「技術の使い方」を研究してきました。また技術のサプライチェーンの中での企業活動という観点から「地域振興」にもかかわってきました。皆様の課題について一緒に悩むところから始められたらと思います。お気軽にお声をおかけください。

神谷 雅己(かみや まさき)の写真

神谷 雅己(かみや まさき)

専門分野

  • 電気工学
  • 高周波関連材料
  • 電気化学材料
  • 高分子材料
  • MEMS応用
  • 半導体製造プロセス後工程全般
キーワード
  • マイクロ波
  • アンテナ
  • 半導体実装
  • MEMS
  • 高分子材料
  • 樹脂物性
詳細情報

略歴

1984年より、総合化学系材料メーカにて、以下に従事
  • マイクロ波アンテナ設計およびその材料の研究開発、製品化、量産化
  • 電子材料の開発、量産設計、事業企画
  • 他企業との技術アライアンス、連携プロジェクトの推進、共同開発、および応用製品の開発
  • 新規事業に向けた電子デバイス(MEMS系)のBtoBマーケティング
2016年12月 産業技術総合研究所入所 以降、企業連携活動に従事。
 

主な連携活動

  • 数多くの電子デバイス企業、総合化学製品企業との連携取り纏め
  • 医療分野参入を目指した異業種企業の、産総研との共同研究連携取り纏め
  • 金融機関との連携を活用した、産業界のオープンイノベーション推進
  • プロスポーツ企業との連携取り纏め
  • 地方創生を目指した地域中核企業との連携支援
  • 複数社が関わる長期大型連携の取り纏め

連携に向けた思い・コメント

技術革新が加速度的に早まっている現在、外部のリソースを活用することで、研究開発にかかる費用と時間を圧縮できますが、実際には課題が多いのも事実です。 また、企業においては異なる業界、異なる分野の情報や技術はなかなか得難いのは、現在においてもそれほど大きくは変わっていません。 それらの課題に対して、産総研には私をはじめとして、民間企業出身のコーディネータが多数在籍しておりますので、企業の立場をよく理解して連携の支援をすることができます。 産総研のもつ技術の蓄積、産業界とのネットワークで、課題解決のお手伝いができると確信しています。

鈴木隆之の写真

鈴木 隆之(すずき たかゆき)

専門分野

  • 構造信頼性確保技術
  • 先進複合材料開発
  • 非破壊検査技術
  • 寿命・余寿命評価
  • 劣化診断技術
キーワード
  • 超高温・極低温等力学特性評価
  • 電磁逆解析
  • ナノマグネティック・ダメージ・キャラクタリゼーション
詳細情報

略歴

1989年 工業技術院機械技術研究所 入所
1996年 通商産業省ニューサンシャイン計画推進本部 (出向)
1997年  University of Washington (海外研修)
2003年  産業技術総合研究所 先進製造プロセス研究部門
2007年  筑波大学大学院 教授 (連携大学院) (併任)
2015年  岡山県工業技術センター 所長 (出向)
2017年 イノベーション推進本部 イノベーションコーディネータ

従来は、研究活動、学生への教育活動が主でしたが、2015年に岡山県に出向以来、企業との連携業務に重点をおいて活動しています。特に最近では民間企業の方との大型連携に注力しています。
 

主な連携活動

  • 素材系企業と、共創型の技術コンサルティングを実施し、それをもとに、共同研究等を企画、立案。
  • 自動車系企業との大型共同研究を推進。
  • 学位 工学博士
  • 受賞 ASME IGTI Best Paper Awards (1997) 他       

連携に向けた思い・コメント

入所以来、種々の先進材料開発を通して、材料、構造の研究開発に携わってきました。「専攻」は機械工学ですので、「ものづくり」全般の比較的広い分野に対応できると思っております。 企業の方からはいつもいろいろなお話を伺いますが、関連する研究を御紹介するのみならず、産総研の様々な研究と照らし合わせて、幅広く検討を行い(場合によっては一見異分野と思われる研究も含めて)、お話させていただいています。結果として、適切な連携に繋がったというような声をよくお聞きします。何かございましたら、お気軽にお声がけ下さい。
林泰行の写真

林 泰行(はやし やすゆき)

専門分野

  • バイオ技術全般
  • 前職のバイオベンチャーでの経験を生かしたM&Aの際のデューデリジェンス
  • 知財管理(中間処理等)
詳細情報

略歴

2017年10月に産総研に入所。イノベーション推進本部 イノベーションコーディネータに着任。
産総研入所前は、大手化学メーカーで植物バイオ基盤技術開発、微生物バイオを活用した医薬品生産法開発に約20年間従事。大手タイヤメーカーに移籍後、天然資源研究部の部長として天然由来原料(パラゴムノキ、グアユール)の品質改善、生産技術開発を指揮。再生医療系のバイオベンチャーでは、研究開発部門長として、研究開発の指揮を執ると同時に、法務知財担当として、自社技術特許化や他者特許ライセンスイン、他社特許侵害クレーム対応、創薬スクリーニング用デバイス共同開発のための大手企業とのアライアンス等を企画し実施。
このように、開発現場での事業計画策定から事業運営管理、知財法務業務までをカバーするマネジメントにより、ベンチャー企業を含む種々の企業の事業開発業務を推進。

 

主な連携活動

  • 食品系企業への技術コンサルティング、共同研究を通じた連携の大型化を推進中。
  • 産総研の農工連携技術について、北海道センターと協力して食品業界への橋渡しを実施中。
  • 産総研の生命工学系技術について、バイオベンチャーで培った人脈を活用し、製薬企業等のヘルスケア産業への橋渡しを実施中。
  • 産総研-慶應義塾大学医学部・病院の連携協力協定に基づき、医工連携プラットホームの構築に向けて活動中。

連携に向けた思い・コメント

これまでの企業人としての経験を活かし、企業側のウィンドウパーソンとの良好な信頼関係をベースに、産総研研究者と企業研究者との前向きなコミュニケーションを醸成すると同時に、そのままでは産総研のシーズに直接結びつきにくい企業の生のニーズについて、関連文献や特許調査をもとに咀嚼し、研究者とともにSolution提案をしていきたいと考えています。さらに、イノ推ICであることを生かし、all産総研の技術について横串をとおして俯瞰することで、企業との包括的な連携イメージを産総研内で共有し、幅広い連携機会を構築してまいります。
 
鷹觜 利公(たかのはし としまさ)の写真

鷹觜 利公(たかのはし としまさ)

専門分野

  • 化学工学
  • エネルギー・環境
  • 電力
  • 製銑
  • 石油
  • ガス
キーワード
  • 発電
  • ガス化
  • CCS、CCU
  • コークス
  • 石油精製
  • ファウリング
  • エネルギーキャリア
詳細情報

略歴

1997年 工技院 資源環境技術総合研究所 入所
2001年 独立行政法人 産業技術総合研究所 主任研究官
2007年 同所 研究グループ長
2015年 国立研究開発法人 産業技術総合研究所 研究グループ長
2016年 内閣府へ出向 政策統括官(科学技術・イノベーション担当)付 ディレクター
2018年 同所 イノベーション推進本部 イノベーションコーディネータ
 

主な連携活動

  • 地域連携部の関東地域室長として、関東経済産業局、広域関東圏の公設試、産業支援機関、中堅・中小企業との連携
  • 国家プロジェクト(NEDO「ゼロエミッション石炭火力技術開発プロジェクト」、NEDO「環境調和型製鉄プロセス技術開発」、経産省「重質油等高度対応処理技術開発事業」)に参画し、大学、重工業メーカー、石油会社、鉄鋼会社などと連携。
  • JST「戦略的国際科学技術協力推進事業」に参画し、国内の大学、中国の大学と連携。
  • 公益社団法人化学工学会の「高度生産システム検討委員会」に参画し、大学、石油会社、石油化学会社と連携
  • 一般社団法人日本鉄鋼協会の「資源拡大・省CO2対応コークス製造技術研究会に参画し、大学、鉄鋼会社と連携
  • 一般社団法人日本エネルギー学会理事として、学会の法人会員と連携
  • 一般社団法人日本鉄鋼協会理事として、協会の法人会員と連携

連携に向けた思い・コメント

  • 広域関東圏の連携活動では、各都県の公設試との情報交換を行い、一緒に地域企業を訪問することで、企業のニーズを引き出せるようにしていきたい。
  • 国家プロジェクト等の研究活動や関連学会での活動を通じて、電力、鉄鋼、石油、石油化学、重工業メーカー、ガス関連等の多くの技術者とのネットワークがあり、今後もこの繋がりを活かして連携活動を進めていきたい。
武田信司の写真

武田 信司(たけだ しんじ)

専門分野

  • 機能性材料
  • ナノ材料
  • 耐熱性高分子
  • フッ素系高分子
  • 接着剤
  • 半導体パッケージ
  • 燃料電池
  • 太陽光発電
  • 風力発電
  • Oil & Gas
  • Mining
詳細情報

略歴

化学系機能性材料メーカーで、新分野新事業のマーケティング、新規開発品の企画立案と設計及び研究開発に35年間従事。
1998年 英国大学博士研究員
2000-2002年 民間シンクタンク
2003年 国立大学客員教授を併任
2019年より現職。
 

主な連携活動

  • 自動車、電機、エネルギー、各大型企業との連携推進と強化
  • 機能性材料、ヘルスケア、電子部品、各企業との新規共同研究の立案。

連携に向けた思い・コメント

様々な国を訪れてグローバル企業に対するマーケティング、技術マッチング、新規開発テーマ企画、研究開発を経験して参りました。国内海外研究機関との数多くの共同研究の経験も活かして、お客様のニーズにお応えするソリューションを創出し貢献したいと存じます。
 

▲ ページトップへ

エネルギー・環境領域

上席イノベーションコーディネータ

近藤 道雄(こんどう みちお)の写真

近藤 道雄(こんどう みちお)

専門分野

  • 半導体工学
  • 太陽電池
  • 太陽エネルギー工学
  • 再生可能エネルギー
  • 国際標準化
キーワード
  • プラズマプロセス
  • シリコン太陽電池
  • 薄膜太陽電池
  • 太陽電池モジュール
  • 太陽光発電システム
  • 再生可能エネルギー
  • 国際標準化(IEC、ISO)
  • 海外連携支援
詳細情報

略歴

1987 東京大学 物性研究所 助手
1993 工業技術院 電子技術総合研究所 入所
2004 産総研 太陽光発電研究センター長
2013 福島再生可能エネルギー研究所 上席イノベーションコーディネータ
2020 ゼロエミッション国際共同研究センター 研究戦略部 
         上席イノベーションコーディネータ (現職)
 

(兼務)
  • 国際電気標準会議(IEC)第82委員会(太陽光発電エネルギーシステム) 国際議長
  • 東京工業大学 特定教授
  • 北陸先端大 客員教授
  • 福島大学  客員教授
(受賞歴)
  • 産学連携推進会議 功労者表彰
  • 応用物理学会 フェロー表彰
  • 太陽光発電国際会議 PVSEC特別賞

主な連携活動

  • 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)などの大型研究開発プロジェクト提案推進支援
  • 経済産業省国際標準化プロジェクト提案推進支援
  • 国際標準化を通した企業連携、企業支援
  • 大学併任教員としての社会人博士育成
  • 企業との大型連携の推進支援
  • 地域中小企業の技術開発、事業化支援

連携に向けた思い・コメント

本当の意味のイノベーションは社会を変革することで達成したといえると思います。技術ができただけでも、それが製品になっただけでもまだ不十分で、社会、経済、環境にまでその波及効果が浸透していくことが重要です。それには我々のようなICが長く辛抱強く支援することが必要でしょう。特に地球規模のエネルギー環境問題に取り組むには国際的な協力関係の構築も重要です。国際標準化もそのための一つのツールとなります。これまでの経験を生かして再生可能エネルギーによる真のイノベーションを達成することを目指していきたいと思います。

イノベーションコーディネータ

内藤 茂樹(ないとう しげき)の写真

内藤 茂樹(ないとう しげき)

専門分野

  • 有機合成化学
  • 高分子化学
  • エポキシ樹脂
  • 半導体封止材料
  • 複合材、接着剤
  • 化審法関連
  • 研究所のマネジメント全般
キーワード
  • 有機合成化学
  • 高分子化学
  • エポキシ樹脂
  • 半導体封止材料
  • 複合材、接着剤
詳細情報

略歴

2014年 産総研に入所 (連携主幹)
2015年 現職。
前職は化学企業にて34年間勤務。
新規テーマの探索・開発・起業化研究の全てに関わり、分析部門、研究所運営も含めて経験。
戦略的創造研究推進事業(ERATO)のプロジェクトに2年余り研究に従事し、化学系財団法人の事務局を4年間務め、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)、科学技術振興機構(JST)のプロジェクトにも関与。

主な連携活動

  • エネルギー・環境領域の技術コンサルタント、共同研究に関する企業様との連携
  • テクノブリッジフェア等のイベント対応
  • NEDOエネルギー・環境新技術先導プログラム、イノベーションコンソーシアム型共同研究、産総研コンソーシアムの企画・設立・運営支援
  • 機械系企業との大型研究(冠ラボ)設立支援

連携に向けた思い・コメント

民間企業の研究開発に、研究者・研究管理者・本社企画の立場から長年実務として経験している為、研究者・研究管理者・本社企画の目線で、企業様ご要望の新規研究テーマ実現に向けて、スケジュールや方策、必要な技術の展開をご相談させていただき、新しいビジネスへ繋ぐ、お力になれればと考えております。

        

お問合せ等

E-mail:shigeki-naitou*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
袖岡 賢(そでおか さとし)の写真

袖岡 賢(そでおか さとし)

専門分野

  • エネルギー関連材料(耐熱材料,高温対応技術)
  • 国家プロジェクト等でガスタービン、ジェットエンジン用のセラミックスコーティング(プラズマ溶射)
  • セラミックス基複合材料に関する研究(材料開発,組織制御、耐久性評価)
キーワード
  • セラミックスコーティング
  • セラミックス基複合材料
  • 耐熱合金
詳細情報

略歴

1984年 4月 工業技術院 大阪工業技術試験所 入所
1990年 2月 通商産業省出向(生活産業局窯業建材課ファインセラミックス室)
2001年 4月 産業技術総合研究所 エネルギー利用研究部門 
                      エネルギー変換材料研究グループ長(つくば移転)
2012年 4月 福島県転籍出向(福島県ハイテクプラザ所長)
2015年 4月 産業技術総合研究所 エネルギー・環境領域研究戦略部 
                      イノベーションコーディネータ(現職)

(受賞歴)          
  • 1992年 ASM International, Thermal Spray Society: Best Paper Award 1992
  • 2001年 第60回注目発明, 繊維強化セラミックス基複合材料の製造方法
  • 2001年 第30回日本産業技術大賞審査委員会特別賞

主な連携活動

  • エネルギー・環境領域の研究者との連携を幅広く担当しています。
  • 企業様の課題解決のために技術コンサルティング・共同研究の調整を行います。
  • 各種イベント等に出向いて研究ユニットの研究内容紹介やマッチングを行います。

連携に向けた思い・コメント

産総研では目的基礎研究から応用研究まで幅広い研究を行っていますが、これらが社会実装され人々の役に立ってこそ研究が陽の目を見たと言えると思っています。そのためには製品化までを担ってくれる企業さんとの連携が不可欠であり、単独の企業のみならずサプライチェーンを考えた連携構築にも貢献したいと考えています。

お問合せ等

E-mail:s.sodeoka*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
 
西尾 匡弘(にしお まさひろ)の写真

西尾 匡弘(にしお まさひろ)

専門分野

  • 環境化学工学
  • 反応装置工学
  • CCS
  • エネルギーマネジメントシステム
  • エネルギー・経済シナリオ
  • 国際標準化
キーワード
  • 二酸化炭素回収・貯留
  • エネルギーマネジメントシステム
  • エネルギー・経済シナリオ分析
  • 国際標準化
詳細情報

略歴

1990年 工業技術院機械技術研究所に入所。二酸化炭素の大量隔離技術の研究に従事
1995年 工業技術院ニューサンシャイン計画推進本部に併任
             (CGT, WE-NET, 地球環境担当)
2001年 産総研エネルギー利用研究部門 熱・物質移動制御グループ主任研究員
2004年 経済産業省産業技術環境局環境政策課 課長補佐
    (IPCC第三作業部会第四次評価報告書、CCS特別報告書)
2007年 産総研エネルギー技術研究部門 エネルギー社会システムグループ長
2013年 内閣府総合科学技術・イノベーション会議事務局
                エネルギー・環境担当ディレクター
             (エネルギー戦略協議会、SIP革新的燃焼、SIP革新的構造材料担当)
2016年8月 帰任し、当領域イノベーションコーディネーター
2020年5月   現職 

  • 2013年10月〜 ISO/TC265(CCS) 議長諮問グループ委員・エキスパート
  • 2016年3月〜      ISO/TC301(エネルギーマネジメントシステム)議長諮問グループ委員・エキスパート・国内WG主査
  • 2019年4月〜      規格開発エキスパート
 

主な連携活動

  • エネルギー・環境領域の技術コンサルタント、共同研究に関する企業との連携
  • 産総研コンソーシアム活動により、産産、学学の連携を推進

連携に向けた思い・コメント

出向時のプロジェクトマネジメント業務や国際機関との連携の経験も生かした連携活動ができればと考えています。産総研のシーズを広く社会に使っていただくためにも、アカデミアの活動や異業種間融合を視野に入れたシナジー効果を発揮できるように活動したいと思います。

お問合せ等

E-mail:m.nishio*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
 
清水 貴思(しみず たかし)の写真

清水 貴思(しみず たかし)

専門分野

  • 薄膜・表面工学
  • 電子デバイス工学
  • ナノテクノロジー・半導体工学
キーワード
  • パワーエレクトロニクス
  • 電子デバイス
  • 薄膜・ナノ材料
  • セラミックス
  • クリーンルームの運営マネジメント  
  • エネルギー・環境に関わる主として電子材料全般             
詳細情報

略歴

1988年 工業技術院電子技術総合研究所入所、磁性材料、酸化物薄膜・界面の研究に従事。
2001年 産業技術総合研究所にて、シリコンデバイスの研究に従事。
企画本部企画主幹、「持続性に向けた産業科学技術委員会」委員長、エレクトロニクス研究部門ループ長、TIA推進センター企画チーム長を歴任。
2019年 現職

主な連携活動

  • 新材料パワーエレクトロニクス分野の技術コンサルタント、共同研究に関する企業様との連携
  • TPEC(つくばパワーエレクトロニクスコンステレーション)の窓口、連携支援、マネジメント支援
  • モビリティーエネルギー・定置型エネルギーの特に電力エネルギーに関連する省エネルギー化技術に対する連携支援
  • テクノブリッジフェア等のイベント対応

連携に向けた思い・コメント

産学官プロジェクトに研究現場と研究企画の双方の立場で関わってきました。今、エネルギーエレクトロニクスが世界的にも重要な局面となっています。グリーンイノベーションにつながるロードマップや研究開発の戦略を皆様とともに考え、産総研が有する先端技術の活用や、産総研をハブとしてオープンイノベーションを推進している大型共同研究の活動を通して、皆様のお力になれればと考えております。

お問合せ等

E-mail:t-shimizu*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

生命工学領域

イノベーションコーディネータ

後藤 雅式(ごとう まさのり)の写真

後藤 雅式(ごとう まさのり)

専門分野

  • 糖鎖生物学
  • 糖鎖工学
  • 生化学
  • 分子生物学
キーワード
  • 糖鎖
  • 糖転移酵素
  • 糖タンパク質
  • グリコサミノグリカン
詳細情報

略歴

2004年  産総研 テクニカルスタッフ/招聘研究員
                   前職は外資系バイオテク企業の研究員
2005年  産総研発ベンチャー企業の取締役を兼務(~2009年)
2006年  糖鎖工学研究センター(のちに糖鎖医工学研究センター)に所属
2012年  糖鎖医工学研究センター副研究センター長
2014年  ライフサイエンス分野(現 生命工学領域)イノベーションコーディネータ

主な連携活動

  • 製薬企業、食品企業をはじめとする生命工学関連企業との連携促進
  • 創薬支援ネットワーク研究会議構成員、実務担当者
  • 日本医療研究開発機構(AMED)等のプロジェクト設立、推進の支援
  • 産総研、特に生命工学領域が関与するイベントの支援
  • 産総研ふるさとサポーター(愛知県)

連携に向けた思い・コメント

一部の基礎研究を除き、多くの研究は社会実装されて意義あるものになると考えております。私の経験でも、関与した研究成果が製品化、保険収載されてはじめて社会的な責任を果たせたと感じました。イノベーションコーディネータには、産総研の成果を企業連携につなげる重要な任務がありますが、それだけに留まらず、企業の皆様にも喜んでいただけるような連携活動を心がけたいと思います。

お問合わせ等

生命工学領域連携チーム: life-liaison-ml*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
新間 陽一 (しんま よういち)の写真

新間 陽一 (しんま よういち)

専門分野

  • 糖鎖生物学
  • 遺伝学
  • 分子生物学
キーワード
  • 糖鎖バイオマーカー
  • バイオ医薬品
  • 糖鎖生合成
  • 微生物・植物の分子育種
  • ヒトES細胞指針等
詳細情報

略歴

1990年4月  工業技術院 化学技術研究所入所
1996年4月  通商産業省 産業技術研究開発課、技術評価課 併任
1997年4月  工業技術院 生命工学工業技術研究所 主任研究員
2001年1月  内閣府 総合科学技術会議事務局 参事官補佐 併任
2002年4月  産業技術総合研究所 糖鎖工学研究センター 主任研究員
2007年4月  糖鎖医工学研究センター 連携戦略班 班長
2011年4月  経済産業省 生物化学産業課 課長補佐 出向
2012年4月  産業技術総合研究所 イノベーション推進本部 連携主幹
2014年4月  イノベーション推進本部 産学・連携推進室 室長
2015年4月  生命工学領域 イノベーションコーディネータ(現職)
 

主な連携活動

  • 生命工学領域所属の研究者と企業等との連携促進
  • 国家プロジェクト等の概算要求資料や応募申請書、評価報告書等の作成支援
  • 大学や研究機関、技術研究組合等との連携促進
  • 生命倫理委員会等の対応支援
  • 産業技術連携推進会議(産技連)活動、公設試との連携促進

連携に向けた思い・コメント

産総研における研究の他、霞が関での科学技術行政等の経験を活かし、研究開発の推進や国等の制度を利用するうえで、多くの研究者や企業関係者にとってなじみのない業務や苦手とする業務、例えば、公的補助金等の申請書の作成や生命倫理等の各種規制対応を支援することで、共同研究成果の社会実装を推進したいと考えています。

お問合せ等

生命工学領域連携チーム: life-liaison-ml*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
 
山元 一弘

山元 一弘 (やまもと かずひろ)

専門分野

  • 機能性食品関連の素材/製品開発
  • 事業開発
  • マーケティング
キーワード
  • 機能性食品
  • 栄養学
  • 食品加工
  • ヘルスケア
詳細情報

略歴

2019年8月 産総研入所。
2019年9月 生命工学領域研究戦略部 イノベーションコーディネータに着任。

前職は、食品原料、医薬品原料等を製造販売する民間企業。
食品加工技術や機能性食品素材の研究開発を担当したのち、研究シーズの事業化を目指した開発、開発営業に従事。その後、研究開発、営業部門のマネジメントを経て、当該事業の責任者を務めた。
実務としては食品物性改良、機能性食品素材や特定保健用食品、機能性表示食品の開発やその市場導入、マーケティングを経験。

主な連携活動

  • 食品、化粧品、日用品、医薬、化学系の企業との連携を中心に活動。
  • 基礎研究から開発、製造、市場導入、マーケティングなど一連の活動に参画。

連携に向けた思い・コメント

産総研は、ライフサイエンス分野で付加価値の高い製品や技術を創出し、社会へ普及浸透させていくための幅広いシーズを有しています。民間企業でシーズ発掘から事業化までの一連の業務を担当してきた経験を活かし、産総研シーズと民間企業の皆様のニーズとのマッチングを図り、社会課題の解決に向け、連携活動を進めていきたいと思います。

▲ ページトップへ

情報・人間工学領域

上席イノベーションコーディネータ

西井 龍五(にしい りゅうご)の写真

西井 龍五(にしい りゅうご)

専門分野

  • 製造分野
  • 情報ネットワーク分野
  • エレクトロニクス分野
キーワード
  • 人工知能
  • IoT
  • ワイヤレス通信
  • ロボット
  • 人材育成
  • 半導体
詳細情報

略歴

2016年 産総研に入所。
情報・人間工学領域 上席イノベーションコーディネータに着任。
前職は三菱電機(株)にてミニコンピュータ、産業用制御計算機の中央処理装置の設計に従事。
海外では欧州研究所(仏、英、蘭)社長として無線通信、画像処理研究に従事。 
帰国後は、役員理事 情報技術総合研究所長として情報・マルチメディア・通信・光電波研究に従事。
その後三菱電機インフォメーションシステムズ(株)常務取締役、三菱電機インフォメーションネットワーク(株)常務取締役としてIT・ネットワーク事業に従事。
現在、大阪工業大学客員教授 工学博士 通訳案内士。

主な連携活動

  • 初期の中長期大型共同研究(冠ラボ)設立に従事。冠ラボを基点に海外/大学/企業との連携を進めています。
  • 大型連携として企業との大規模共同研究を推進しています。         
  • 標準化に影響力のある海外研究機関との連携を開始しました。

連携に向けた思い・コメント

民間企業での研究開発、海外経験、事業経験を活かし、産総研の優れた知見を社会へ還元すべく連携に取り組みます。現在、人工知能の分野では研究者が国内外で払底しています。限られた人的リソースを産官学で有効に活用すべく連携を推進したいと考えています。

 
杉村 領一(すぎむら りょういち)の写真

杉村 領一(すぎむら りょういち)

専門分野

  • 人工知能
  • プラットフォーム
  • エコシステム創設・運営(元Tizen Association 議長)
  • 組み込みソフト
  • 認知科学
キーワード
  • 自然言語処理、計算言語処理
  • 構文解析、形態素解析
  • デジタル家電、モバイル
  • ヒューリスティクス、バイアス
  • Tizen Association、LiMo Foundation
  • Symbian Foundation、
  • モバイルPF、 DTV PF
  • Authoring System、 SD-Card
詳細情報

略歴

1980年 松下電器産業入社、1981年同社中央研究所配属
1984年 新世代コンピュータ技術開発機構
1999年 Panasonic OWL 社長(UK)
2001年 松下電器先端技術研究所モバイルネットワーク研究所所長
2004年 パナソニックモバイルコミュニケーションズ・モバイルシステム開発センター所長(Symbian Supervisory Board Member 等兼務)
2006年 エスティーモ副社長、LIMO FOUNDASTION 創立メンバー、財務担当役員
2012年 株式会社NTTドコモ入社 戦略アライアンス担当部長、プロダクトイノベーション担当部長、TIZEN Association Chairman of the Board, FIDO Alliance chair of D@S WG、
2016年4月 現職
2018年4月 情報処理学会情報規格調査会 ISO/IEC JTC 1/SC 42国内専門委員会委員長
2019年    筑波大学客員教授(兼務)

  • 京都大学博士(工学)
  • Master of Arts (Lancaster University, UK) IMPM
  • Diploma of IMPM (INSEAD, France)
  • 人工知能学会理事、日本ソフトウェア科学会理事、電子情報通信学会評議員等を歴任

主な連携活動

  • 企業経営者,幹部の方々へ、AIを作る側、使う側双方の視点からの講義・講演等を通じ、知見涵養の支援をさせて頂いております。         
  • AI 国際標準化を通じ、日本の国際競争力強化を目指し、企業・大学の方々と産総研の連携の下、日々活動を続けております。

連携に向けた思い・コメント

産総研の成果を、その熱い思いと共に、社会へお届けし、お役に立てるよう皆様に寄り添ってまいりたいと存じます。
長いお付き合いになることを願っております。「売りたいものを売るな、客の欲しがるものを売るな。客のためになるものを売れ」(松下幸之助)
研究については、佐藤一斎 の言葉をいつも胸に置いております。「一燈を提げて暗夜を行く。暗夜を憂うること勿れ。只だ一燈を頼め。(言志四録より)
社会を見る目としては、アリソン先生の言葉が響きます。We must be willing to think the unthinkable – and imagine the unimaginable. (from “Destined for WAR” by Graham Allison)

グランラート ローレンツの写真

Lorenz Granrath (ロレンツ グランラート)

専門分野

  • 産業への技術移転
  • 再生可能エネルギー
  • IT
  • 製造
  • 素材科学
  • マイクロエレクトロニクス
キーワード
  • AI
  • 産業4.0、社会5.0
  • 太陽エネルギー
  • 低エネルギービル
  • 水素電池、燃料電池
  • 電解槽
  • 循環型経済
詳細情報

略歴

1990年~1994年    GPS AG(スイス、ザンクトガレン);Balzers AG(リヒテンシュタイン);ザンクト ガレン大学コンサルタント/アシスタント(ドイツ及びスイスにおける企業の生産・戦略・マーケティング)
1992~1993年   東京大学 客員研究員
1995~1997年   ABB-STOTZ KONTAKT GmbH(ドイツ、ハイデルベルク) 新技術プロジェクトマネージャー
1997~2001年   GMDドイツ国立情報処理研究所(ドイツ、ザンクト アウグスティン)(2001年フラウンホーファーと統合)東アジア担当
2001~2013年  フラウンホーファー日本代表部 代表
2014年より現職

(メンバーシップ)        
  • S&TDC 科学技術外交サークル・日本
  • MEMS技術者フォーラム、国際諮問委員会
  • HCIハイデルベルククラブインターナショナル、日本支部理事
  • DIHKJ 日本ドイツ商工会議所
  • DJW、ドイツ日本ビジネス協会

主な連携活動

  • 外国人研究者との多分野に渡るシンポジウムの開催
  • 産業技術総合研究所における外国人代表団訪問のセッティングとフォローアップ
  • 国際研究プロジェクトの共同提案の支援

連携に向けた思い・コメント

ドイツをはじめとする欧州の研究機関に精通し、企業にも広いネットワークを持っています。EUの実施する研究チームにも参加実績があり、日本と欧州のブリッジとして活躍します。

お問合せ等

人工知能研究戦略部問合せ先: rpd-ai-info-ml*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
参考情報:

木村 康則(きむら やすのり)

専門分野

  • 情報システム
  • 社会基盤システム
  • 技術経営
キーワード
  • コンピュータアーキテクチャ
  • システムソフトウエア
  • IoTシステム、モバイルシステム
  • ヒューリスティクス、バイアス
  • HPC (High Performance Computing)
  • 人工知能
  • デバイス設計技術
  • プロジェクト支援
  • 科学技術研究動向調査(海外含む)
詳細情報

略歴

1981年   富士通株式会社 富士通研究所配属
1985年 新世代コンピュータ技術開発機構
2007年 富士通株式会社次世代テクニカルコンピューティング開発本部長
2011年 米国富士通研究所 President & CEO
2015年   富士通研究所フェロー
2017年   科学技術振興機構研究開発戦略センター 上席フェロー
2019年   現職

  • この間、スタンフォード大学客員研究員、東京大学客員教授、九州大学客員教授等を歴任。
  • 博士(工学)
  • 通訳案内士

連携に向けた思い・コメント

企業に30年以上在職し、その間、第五世代コンピュータプロジェクトに参画し人工知能専用マシンの開発、並列化コンパイラ、低消費電力サーバの開発などに従事しました。京コンピュータの開発では開発責任者を務めました。米国シリコンバレーでは、現地研究員とともに、研究開発とその事業化にチャレンジしました。 これらの経験を活かし、産総研の研究開発成果の社会実装に貢献できればと思っています。


イノベーションコーディネータ

小島 功(こじま いさお)の写真

小島 功(こじま いさお)

専門分野

  • 情報・人間工学領域一般
  • 特に、事業や社会の活動空間のデジタル化による問題発見~解決に関わる研究分野。
キーワード
  • 人工知能
  • IoT
  • 人間工学
  • ビッグデータ等
詳細情報

略歴

~2000年度 電子技術総合研究所
2000年度~ 産業技術総合研究所において、チーム長、総括研究主幹等
2015年度~ 情報・人間工学領域研究戦略部 イノベーションコーディネータ(現職)
2018年度~ 人工知能研究センター(併任)

情報工学、特にデータにかかる研究開発に従事。2015年度より現職。技術の社会実装として事業および研究開発の両面で意義のある連携プロジェクトの組成を目指している。

主な連携活動

  • 技術視点でのコンサルティングに基づく事業や社会のニーズ及びポテンシャルの掘り起しから、研究開発プロジェクトの組成、実施に至る一連の活動の持続的支援。
  • 物流系企業や建設機械系企業との、中長期大型共同研究(冠ラボ)組成の支援。
  • 部品系企業や施設系企業、ITインフラ系企業との、新たなコア技術創出のためのコンサルティングから研究開発プロジェクト組成に至る支援等。
 他の活動実績  
  • 三次元空間情報に係るNEDOプロジェクト(スマート社会分野)主宰(2018~)
  • オープンサイエンスやデータの権利化にかかる政府系委員等の活動実績
  • 空間情報や研究データに関わる国際標準化コンソーシアムでの活動実績

連携に向けた思い・コメント

今の世の中にあっては、変化を機会と捉えて事業を再定義し続け、失敗も含め進化し続けることが重要です。ですから、AIやIoTといった最新のデジタル技術を単なる改善サイクル向上の道具とすることは不適切で、新たなニーズ発見や新たな価値提供を拓くサイクルを積極的に回し、事業や社会の進化を加速するために活用しなければなりません。この目的に貢献する新しい技術を、連携に基づく研究開発により実現したいと考えています。

お問合せ等

情報・人間工学領域問合せ先 ith-liaison-ml*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
 
神徳 徹雄(こうとく てつお)の写真

神徳 徹雄(こうとく てつお)

専門分野

  • 力学的相互作用を実現する仮想環境モデルの研究, および,それを利用した遠隔操作システムの研究。
  • ネットワーク接続したオンラインロボティクスや人間とのインタフェース技術, ロボット技術の共有化,再利用化、標準化
キーワード
  • 遠隔操作
  • ロボット工学
  • システムインテグレーション
  • 国際標準化
詳細情報

略歴

1988年 工業技術院 機械技術研究所入所、ロボット技術の研究に従事
1996年 工業技術院 総務部 研究開発官(機械・航空・宇宙担当)付に併任(1年間)
2007年 産総研 知能システム研究部門 研究グループ長
2013年 産総研 イノベーション推進企画部 総括企画主幹、兼、イノベーションスクール事務局長(2年2ヶ月)
2015年 技術研究組合 国際廃炉研究開発機構 開発企画部に参加(1年4ヶ月)
2016年 産総研 情報・人間工学領域 イノベーションコーディネータ(現職)
 

主な連携活動

  • 中長期大型共同研究(冠ラボ設立・運営)を支援
  • 他に、自動車系、機械系、材料系、製薬系、製造系、サービス系企業や法人の共同研究・技術コンサルティングを支援

連携に向けた思い・コメント

機械システム(ロボット工学)と人(イノベーションスクール)とを対象として研究者の立場で従事してきました。コーディネータとして、より広い産業界や地域連携を対象として、問題発見や問題解決だけでなく、新しい価値創造をテーマにイノベーション創出へのチャレンジに、ご一緒させていただければ幸いです。
 
浅野 朋広(あさの ともひろ)の写真

浅野 朋広(あさの ともひろ)

専門分野

  • 企業の未来価値に資するR&Dをプロデュースするコンサルティング
キーワード
  • コンサルティング
  • R&Dプロデュース
  • 未来価値共創
詳細情報

略歴

大手電機メーカに入社。大学向けシステム・スーパーコンピュータの営業を経て、自治体向けコンサルティング営業に従事。
こうした営業経験や柏市第5次総合計画審議委員を務めた経験などから、教育・公共分野に明るい。
2017年より産総研 情報・人間工学領域 イノベーションコーディネータ。
2020年4月 現職。
 

主な連携活動

  • 企業のポテンシャルを診断し、事業トランスフォーメーションを支える価値あるR&Dプロジェクトを創出。
  • 連携活動を通して企業が持続発展的に活動できるまでを支援。

連携に向けた思い・コメント

私たちは、科学的な観点で企業のポテンシャルを体系的に診断し、徹底した企業目線で事業トランスフォーメーションを支える技術基盤獲得に向けた価値あるR&Dプロジェクトをプロデュースしています。 皆様の未来価値を共創するパートナとなるべく努めて参りますので、お気軽にお声がけください。

 

及川 隆信(おいかわ たかのぶ)

専門分野

  • IT戦略策定
  • 新事業開発
キーワード
  • コンサルティング
  • プロポーザルマネジメント
  • コピーライティング
  • プレゼンテーション
詳細情報

略歴

2020年 産総研に入所
情報・人間工学領域 研究戦略部 連携推進室 イノベーションコーディネータに着任。

前職では、大手電機メーカのIT事業部門にて、システム開発、プロジェクトマネジメントの業務を経て、コンサルティング、プロポーザルマネジメントに従事。
顧客ニーズと提供価値のマッチング、提案最適化を得意とし、提案活動フェーズからの顧客満足の向上に貢献。AI研究からホストコンピュータまで幅広いIT分野を経験。

主な連携活動

  • 企業のポテンシャル診断
  • R&Dプロジェクト創出を通じた企業の事業発展への貢献

連携に向けた思い・コメント

研究のプロフェッショナル集団である研究機関と、ビジネスのプロフェッショナルである企業の連携には活性化の余地が多分にあり、国の競争力向上にもつながる重要なテーマのひとつであると考えます。 企業の視点で研究のプロとどう連携すればよいのか、研究者の視点で企業の事業と研究をどう理解すればよいのか、相互の理解を深めることが必要です。 両者をつなぐ役割を担うイノベーションコーディネータとして、研究機関と企業の新たな連携の創造に貢献してまいります。

高橋 栄一(たかはし えいいち)

専門分野

  • 情報工学
  • 計算機工学
  • デジタルシステム
  • 通信システム
  • 人工知能
キーワード
  • コンピュータアーキテクチャ
  • 並列処理
  • 実時間処理
  • デジタル回路最適化
  • 誤り訂正符号
詳細情報

略歴

1993年 工業技術院 電子技術総合研究所 入所。計算機システムの研究に従事
2001年 産業技術総合研究所 次世代半導体研究センター
2009年 企画本部 戦略経営室
2010年 情報技術研究部門 センサーコミュニケーション研究グループ長
2015年 人工知能研究センター 人工知能応用研究チーム
2015年 情報・人間工学領域 研究戦略部
2020年 情報・人間工学領域 研究戦略部 連携推進室 イノベーションコーディネータ

  • 博士(工学)

主な連携活動

  • 材料系企業との中長期大型共同研究(冠ラボ)組成の支援。
  • 技術の専門家の視点に基づくコンサルティングにより企業のニーズを明確化するとともに、その企業に潜在する可能性を掘り起こし、最適な研究開発プロジェクトを立案・実施。

連携に向けた思い・コメント

ITシステム(ハードウェア・ソフトウェア)やその知見、専門性などを道具とし、「顧客価値共創」の視点で企業の皆様の課題解決に貢献していきたいと考えています。また、組織のサイズや立地(地域センター案件)、業種に関係なく、様々な企業の方々とお話しさせて頂ければと思います。

高橋 孝一(たかはし こういち)

専門分野

  • IT全般
  • 情報科学
  • 情報セキュリティ
  • ソフトウェア工学
キーワード
  • 仕様記述
  • モデル検査
  • 機能安全
  • 定理証明
詳細情報

略歴

1988年 工業技術院 電子技術総合研究所 入所
プログラム意味論、形式検証、情報セキュリティなど情報科学の研究に従事。
2020年 現職

主な連携活動

  • 製造業系企業との中長期大型共同研究(冠ラボ設立)を支援
  • 建設業系企業とのR&D連携プロジェクトを設計する技術コンサルティング

連携に向けた思い・コメント

業種を問わずITの効果的で安全な活用を推進することを目標に連携活動を行っています。企業の抱える課題を、背景を含めしっかり把握し、企業と産総研の両者にとって最適な連携を設計し、未来価値の共創を行います。

▲ ページトップへ

材料・化学領域

イノベーションコーディネータ

井上 貴仁 (いのうえ たかひと)の写真

井上 貴仁 (いのうえ たかひと)

専門分野

  • ナノテクノロジー
  • ナノ材料
  • 表面・界面科学
  • コロイド化学
キーワード
  • ソフトロボティクス
  • プローブ顕微鏡
  • グラフェン
  • 人工筋肉
  • マイクロフルイディクス
  • バイオセンサー
  • 界面動電現象
詳細情報

略歴

1990年  工業技術院 電子技術総合研究所
1995年  カリフォルニア大学バークレイ校ローレンスバークレイ研究所
2001年  産業技術総合研究所 ナノテクノロジー研究部門
2014年  NEDO 電子・材料・ナノテクノロジー部
2016年  材料・化学領域 ナノ材料研究部門
2019年  材料・化学領域 研究戦略部 イノベーションコーディネータ
         

主な連携活動

  • 素材・化学関連企業との共同研究を先導: 技術相談の対応、中長期大型共同研究(冠ラボ)に向けた技術コンサルティングや新規共同研究の開拓、既存共同研究のメンテナンスと事業創出
  • 素材・化学関連業界への協力: 技術協会等での委員会業務、技術戦略の策定協力と支援
  • 国家プロジェクト化の推進と支援: 国家プロジェクト(NEDOや大型プロジェクト事業など)へ向けた研究開発戦略の構築や参画企業の調整と全体のとりまとめ

連携に向けた思い・コメント

ナノテクノロジー・材料分野での研究開発の実績とNEDOで培った技術戦略・研究開発マネジメント能力を活かし、産官学連携の橋渡しを通じて、産業界の皆様の課題解決や新たな価値とビジネスの創出に貢献させていただければと考えております。コーディネータは、産業界と産総研の研究者をつなぐ役割のみならず、産業界の技術開発の企画やビジネス展開にも深く係ると考えています。産業界と産総研の連携によって、その成果を社会課題の解決につなげていくことが、私の目指すべきコーディネータの姿です。

 
浅川 真澄(あさかわ ますみ)の写真

浅川 真澄(あさかわ ますみ)

専門分野

  • 有機合成化学
  • 触媒化学
  • 高分子化学
  • 超分子化学
キーワード
  • 化学
  • 材料
  • 資源循環
  • ナノマテリアル
  • スマート化学生産
詳細情報

略歴

1993年  英国バーミンガム大学 博士研究員 
     Stoddart教授(2016年ノーベル賞受賞)の研究室
1996年  工業技術院物質工学工業技術研究所に入所
2001年  産総研界面ナノアーキテクノニクス研究センター主任研究員
2008年  ナノチューブ応用研究センター研究チーム長
2013年  触媒化学融合研究センター副研究センター長
2019年  現職

日本化学会理事(2012年~2014年)、筑波大学客員共同研究員(2017年~)、北海道大学客員教授(2017年~)を歴任。
その間、JST、NEDOなどのプロジェクト運営や多くの企業連携に関与。
                        

主な連携活動

  • 化学系企業との中長期大型共同研究(冠ラボ設立)を支援         
  • 大学等のキャンパス内に設置する産学官連携研究拠点「オープンイノベーションラボラトリ」の設立を支援
  • 他に、化学系、材料系、食品系、ヘルスケア系企業等との共同研究の立案、国家プロジェクトへの共同参画などを支援
  • 海外研究機関(フランス、ドイツ、イギリス、台湾など)との共同研究の立案を支援

連携に向けた思い・コメント

産総研・研究者としての実績があり、研究者と研究内容に対する理解が深いことが強みです。材料並びに化学分野のことならお任せください。材料・化学領域に所属する最適な研究者へとお繋ぎして、皆様の課題へ迅速に対応、解決に導きます。 特に若い研究者にとって企業が抱える実問題に関わることは、自らの研究課題を社会への実装という方向から見直すことのできる良い機会になり、結果として新たな課題の発見や研究を展開することに役立つと考えています。 1つの連携がきっかけとなって御社と産総研の長い付き合いが始まり、御社事業の発展に貢献すること、併せて御社との付き合いの中で研究者が成長することが我々の望みです。

お問合せ等

E-mail:masumi-asakawa*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
Web:https://publons.com/researcher/2533361/masumi-asakawa/        
参考情報:https://pm-jinzai.jst.go.jp/outline/katsuyaku.html

 

▲ ページトップへ

エレクトロニクス・製造領域

上席イノベーションコーディネータ

 大久保 雅隆(おおくぼ まさたか)の写真

大久保 雅隆(おおくぼ まさたか)

専門分野

  • 電気電子工学
キーワード
  • 先端計測
  • X線分析
  • 放射光
  • 質量分析
  • 超電導技術
  • IEC国際標準
詳細情報

略歴

1983年4月 株式会社 豊田中央研究所 入所
1993年4月 工業技術院 電子技術総合研究所 入所
1995年10月 ドイツ国立カールスルーエ研究センター 客員研究員
2011年4月    計測フロンティア研究部門 部門長
2015年4月 現職 

(受賞歴)   
  • 2011年 第15回超電導科学技術賞
  • 2014年 日本質量分析学会 技術賞
  • 2018年 IEC1906 Award

先端計測分析技術・機器開発事業「質量分析用粒子検出技術」、ナノテクノロジープラットフォーム事業、戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)の革新的構造材料「先端計測拠点」などのプロジェクトの代表を務める。
先端計測技術を基盤として、企業、大学、研究開発法人の連携構築を進め企業でのイノベーション創出に努めている。 

(主な学会活動)  
  • 英国物理学会出版会 超電導科学と技術誌 アジア地区編集委員長
  • IEEE超電導ニュースフォーラム 副編集長
  • IEC-TC90/WG14 超電導電子デバイス コンビーナ         
  • その他 国際会議諮問委員会委員多数
 

主な連携活動

  • SIP革新的構造材料プロジェクトにて、企業の材料開発と、研究機関の先端計測技術の橋渡しを実現
  • 上記プロジェクトを切っ掛けとして、CFRP接着に関する企業との大型プロジェクト立案に貢献し、推進を支援
  • 海外企業や工業会との連携を推進
  • 国際標準(IECコンビーナ)、超電導エレクトロニクス技術委員会(委員長)にて国際標準を推進

連携に向けた思い・コメント

先端計測技術を核にして、企業、大学、研究開発法人を繋ぎます。科学技術のイノベーション創出には、先端計測技術が大きな役割を果たします。構造材料、機能材料、電子デバイス、製造プロセスなど多くの分野において、大学と企業を橋渡しするハブとなることを目指します。SIPなど多くのプロジェクトで企業と連携した経験を活かして、企業でのイノベーション創出、世界的競争力強化に貢献します。

お問合せ等

電話:029-861-5685
E-mail: m.ohkubo*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
参考情報:

 

小森 和弘(こもり かずひろ)の写真

小森 和弘(こもり かずひろ)

専門分野

  • 情報通信
  • エレクトロ二クス・製造分野
キーワード
  • 電気電子工学(電子デバイス・電子機器)
  • 応用物理学(光工学・光量子科学)
  • 光エレクトロニクス、量子エレクトロニクス
  • 半導体デバイス(電子デバイス、光デバイス、量子デバイス)
  • デバイス製造技術
詳細情報

略歴

1989年3月  東京工業大学理工学研究科博士後期過程修了(工学博士)
1989年4月  同大学・助手、1994年4月工業技術院・電子技術総合研究所転任、
2000年     スイス連邦工科大学・客員研究員
2001年4月  産業技術総合研究所・光技術研究部門・研究グループ長
2008年4月  同・情報通信エレクトロニクス分野・総括企画主幹、TIA室・総括企画主幹
2010年10月  光技術研究部門・副研究部門長
2011年4月  電子光技術研究部門・副研究部門長&イノベーションコーディネータ(IC)
2013年7月  経済産業省 産業技術環境局 大学連携推進課 企画官(本省出向)
2015年7月  産業技術総合研究所 エレクトロニクス・製造領域 総括企画主幹&IC
2018年4月  同・上席イノベーションコーディネータ 現職
 

主な連携活動

  • エレクトロニクス・製造領域でのイノベーション推進戦略企画、イノベーション加速施策推進
  • 産総研コア技術に関する大型連携化(大型プロジェクト化)活動
  • 組織間(主に企業―産総研)の大型連携化活動
  • 中長期大型共同研究(冠ラボ)設立・運営コーディネート

連携に向けた思い・コメント

産総研・第5期中長期目標期間(2020年4月~)において、エレクトロニクス・製造領域では、エレクトロニクス系の研究開発として「情報処理のエネルギー効率を飛躍的に向上させるデバイス・回路技術の開発」、「データ活用の拡大に資する情報通信技術の開発」、製造系の研究開発として「変化するニーズに対応する製造技術の開発」に関して、産業競争力強化にむけて重点的に取り組んでいます。その中で主にエレクトロニクス系研究開発に関するイノベーション推進戦略企画と大型連携活動を担当しています。特に、大型連携活動としては、産総研の強いコア技術シーズを中心とした大型連携プロジェクト化活動、また、組織間(主に企業―産総研)連携として新事業の探求に向けた共創型コンサルティングを通した大型連携プロジェクト化活動を進めています。さらに、それらの大型連携を発展させた中長期大型共同研究(冠ラボ)設立のコーディネートを行っています。 その他、産総研・拠点活用型のオープンイノベーション連携活動や産総研・地域センターと連携した地域イノベーション推進活動も進めています。 産総研エレクトロニクス・製造領域との連携をご希望される場合は、下記のお問い合わせメールアドレス宛にご連絡ください。

お問合せ等

E-mail:komori-ic-ml*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
山内 真(やまうち まこと)の写真

山内 真(やまうち まこと)

専門分野

  • 宇宙物理学
  • 光計測
  • 空間光変調
  • 立体映像
  • 製造分野
キーワード
  • 銀河系、光干渉計
  • 形状計測、液晶素子
  • 位相変調、ホログラフィ
  • 拡張現実感
  • 熟練技能の継承、作業支援
  • 3Dプリンター(Additive Manufacturing)
詳細情報

略歴

1986年 工業技術院 機械技術研究所 入所
2001年 産業技術総合研究所 マイクロ・ナノ機能広域発現研究センター
2006年 産業技術総合研究所 デジタルものづくり研究センター
2015年4月 現所属
 

主な連携活動

  • 自動車メーカー及びTire1企業との連携
  • 産総研が持つ機械加工やコーティングのコア技術を企業へ移転
  • 企業ニーズに対応した技術コンサルティングの調整
  • 産業技術連携推進会議を通じた公設試との連携と地域イノベーションの推進

連携に向けた思い・コメント

連携は双方がWin-Winとなることが重要ですが、研究開発を行っている双方の研究員が希望する方向性と、企業経営層の期待する方向性とが必ずしも一致しないことがあります。そのようなミスマッチが不幸な結果をもたらさず、皆が満足できる結果が残せるよう、個別と全体のバランスを取った最適化を図ることが我々連携担当者にとっての醍醐味でもあり、また存在意義であると思っています。

お問合せ等

E-mail:m.yamauchi*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
参考情報
個人ホームページ:URL https://staff.aist.go.jp/m.yamauchi/
野中 一洋(のなか かずひろ)の写真

野中 一洋(のなか かずひろ)

専門分野

  • 無機材料工学
  • 外観検査
キーワード
  • 原料合成
  • 圧電体
  • 色むら・光沢むら検査
  • 数値化
  • 標準化
詳細情報

略歴

1991年 九州工業技術試験所に入所
産総研基礎素材研究部門、実環境計測・診断研究ラボ、生産 計測技術研究センターで圧電センサ/アクチュエータ、各種生産現場計測・検査技術の研究開発に従事。
2000年 1年間米国ラトガース大学で在外研究
2015年 イノべージョンコーディネータ着任
2016年 九州経済産業局産業技術総括調査官を兼務
2018年より 現職。(兼)九州センターイノベーションコーディネータ
 

主な連携活動

  • 九州センターのシーズを中心に、産総研ICと連携して地域中小企業の皆様への橋渡しをはじめ、官能検査の自動化・システム化と標準化推進に取組中
  • 戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン事業)の調整と支援
  • 佐賀県委託費事業による企業との共同研究支援
  • 日本規格協会と連携した中小企業の標準化支援、IEC/TC91(電子実装技術)WG10エキスパート

連携に向けた思い・コメント

最近の急速なデジタル革命やSDGSなどの社会課題に対応するには、オープンイノベーションの重要性が改めて認識されています。企業様には産総研技術のご紹介、橋渡しをはじめ、あらたに九州センターで準備中の企業支援プラットフォームを活用して、企業様ご自身に新しい発想、気付きを持っていただけるような取り組みに注力していきたいと考えております。



 

▲ ページトップへ

地質調査総合センター

イノベーションコーディネータ

斎藤 眞(さいとう まこと)の写真

斎藤 眞(さいとう まこと)

専門分野

  • 日本全国の地質
  • 付加体地質学
  • 地質災害
  • 地質標準
キーワード
  • シームレス地質図
  • 地質図幅
  • 付加体
  • 地質災害
  • JIS
詳細情報

略歴

1990年4月 工業技術院 地質調査所 入所 地質部配属、地質図幅の作成に従事
1999年4月 工業技術院 地質調査所 産学官連携推進センター付 (~2000年3月)
2006年8月 産業技術総合研究所 地質調査情報センター 地質調査企画室 連携調整主幹
     (~2007年12月)
2009年4月 産業技術総合研究所 地質情報研究部門 シームレス地質情報研究グループ長
2015年4月 現職
(兼務) 地質情報研究部門シームレス地質情報研究グループ
    産総研ふるさとサポーター[岐阜県、愛知県、宮崎県]

  • これまで九州南部〜南西諸島北部の5万分の1、20万分の1地質図幅の作成に従事した後、全国の地質図をデジタルで表示する20万分の1日本シームレス地質図V2の編さんに編集委員長として従事(現在まで)。
  • その一方で、1999年、2006年-2007年に産学官連携活動に従事し、2015年からはイノベーションコーディネータとして、地質情報の社会への実装を通じて、地質が身近にある社会の構築を目指している。
 

主な連携活動

  • エネルギー関連施設の立地に必要とされる共同研究や地質情報の活用法の支援
  • 日本国内の非金属資源、排他的経済水域・大陸棚における金属資源開発に伴う共同研究の支援
  • 防災関係機関の連携を通じて地質情報を防災に資する情報とするとともに、企業等の災害時のBCPに地質の知識を導入するための活動
  • 博物館、ジオパーク、自治体、報道機関等を通じて、地質情報を社会の隅々まで実装するための活動
  • 農林水産業の基盤としての地質情報の活用法の支援
  • 地質情報が活用できる人材の育成(地質人材育成コンソーシアムの運営)

連携に向けた思い・コメント

地質情報のアウトカムの流れは、他の研究分野と違って一方向に流れていき、産総研に戻ってくるのではなく、社会の富として蓄積されます。この富は災害対応のようにマイナスをゼロに近づけるものと、資源(ハード、ソフト)のようにゼロをプラスにしていくものがあるのが特徴です。地質調査総合センター(GSJ)は、日本の地質の中心機関として、地質情報のいわば製造元・元売りの役目を果たしていますが、私たちだけでは情報は最終消費者まで届かず、リテールの役割を果たす方々の力が必須です。そして情報の伝達は商品と同じでお金をともなうことが効果的です。社会の隅々まで、地質情報を届け、地質が身近にある社会を目指して、多くの機関とぜひ連携したいと思います。

参考情報

 
阪口圭一(さかぐちけいいち)の写真

阪口 圭一(さかぐち けいいち)

専門分野

  • 地質学(特に地熱・火山)
キーワード
  • 地熱
  • 火山
  • 再生可能エネルギー
詳細情報

略歴

1981年   工業技術院 地質調査所入所。
2010年 地圏資源環境研究部門 地熱資源研究グループ長
2013年 福島再生可能エネルギー研究所 イノベーションコーディネータ
2017年 地質調査総合センター(GSJ) イノベーションコーディネータ(現職)

地熱・火山地域の地質学的研究、地熱資源評価、地質図幅作成などの研究開発に従事。
2011年からは福島再生可能エネルギー研究所の設立準備に携わる。
2013年からは産学官連携活動に従事。

主な連携活動

  • 産総研技術コンサルティング制度を中心とした、企業との連携促進
  • 金融機関との連携による企業と産総研のマッチング研究の推進

連携に向けた思い・コメント

地質情報(日本の国土は何でできているか、どのようにしてできたか)は、豊かな社会(資源開発・地下利用など)や安心・安全な社会(地質防災など)を築くための重要な情報です。また、GSJでは地球の様子・歴史を調べるための多様な技術を開発してきました。これらの情報・技術が社会のために活用されるよう、企業や自治体などの皆様との連携を深める努力をしていきたいと思っています。

張 銘(Zhang Ming チョウ メイ )

専門分野

  • 資源工学
  • 土木工学
  • 環境工学
  • 環境リスク工学
キーワード
  • 難透水性材料・物性測定
  • 土壌・地下水汚染・原位置浄化
  • 核廃棄物・地層処分
  • 産業廃棄物の有効利用・適正処理
  • 技術融合
  • リスクコミュニケーション
  • 国際標準化
  • 海外マーケティング支援
詳細情報

略歴

1999年7月 工業技術院 地質調査所入所 主任研究官
2001年4月 産総研(旧)深部地質環境研究センター 主任研究員
2006年1月 企画本部 企画主幹(組織設計・評価担当)
2007年1月 産総研地圏資源環境研究部門 主任研究員
2011年4月 産総研地圏資源環境研究部門 地圏環境リスク研究グループ長
2020年4月 産総研地質調査総合センター研究戦略部 イノベーションコーディネータ(現職)

主な連携活動

  • 自然由来の重金属を含有する建設残土の評価と利用に係る研究開発を支援 (大企業との共同研究)
  • 大規模複合汚染の原位置浄化に係る立案と事業展開を支援 (建設会社への技術コンサルティング)
  • 産業廃棄物の有効利用と適正処分に係る研究開発と事業展開を支援 (ゼネコンとの共同研究・ゼネコンへの技術コンサルティング)
  • 新素材・保水材・吸着材などの性能及び環境負荷に係る評価を支援 (大企業・中小企業との共同研究など)
  • 環境研究総合推進費プロジェクトへの共同参画などを実施
  • 関連省庁・地方公共団体の調査開発事業の評価委員としての活動など
  • 米国土木学会(ASCE)Best Theory-Oriented Paper Award(2008年)、地質汚染-医療地質-社会地質学会(現社会地質学会)講演賞(平成22年)などを受賞

連携に向けた思い・コメント

環境問題に代表される現代社会の問題はますます複雑化する傾向にあり、これらの問題を有効に解決するためには、技術の融合、多分野の連携及び国際連携が必要不可欠であると考えられます。この認識の基に、これまでに資源工学、土木工学、環境地質、環境工学、環境リスク工学、環境微生物学などの幅広い知識を身に付け、多くの企業との共同研究や技術コンサルティング、研究総合推進費プロジェクトへの共同参画、ASTMやISO/TC190における国際標準化活動などを実施して参りました。これまでに培った知識と経験を活かして、さらに自分を磨き、世の中に役に立つ技術の開発と実用化ならびに海外でのビジネス展開を計画している日本企業の一助になれば幸いです。

参考情報

 

▲ ページトップへ

計量標準総合センター

上席イノベーションコーディネータ

高辻 利之(たかつじ としゆき)の写真

高辻 利之(たかつじ としゆき)

専門分野

  • 計測技術
  • 計量標準
  • 光計測
  • ものづくり
キーワード
  • 三次元測定機
  • レーザ干渉計
  • JIS
  • ISO
  • 3Dプリンタ
詳細情報

略歴

1990年 工業技術院 計量研究所入所
1999年 博士(工学)
1994年 オーストラリア連邦科学産業研究機構(CSIRO)客員研究員(~1996年)
2015年 計量標準総合センター 工学計測標準研究部門長
2016年 アジア太平洋計量計画(APMP)議長(~2018年) 
2020年 現職

(受賞歴)
  • 2009年 平成21年度科学技術分野の文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門) 
  • 2014年 市村学術賞(貢献賞)

主な連携活動

  • 長さや幾何学量の計測に関して、計測機器、自動車、航空機のメーカと共同研究や技術コンサルタントを実施してきた。
  • 三次元測定機に関するISO規格のプロジェクトリーダーを務めており、三次元測定機やX線CTに関する産総研コンソーシアムを作って、企業と共同して標準化活動を行っている。
  • 産業技術連携推進会議(産技連)において日本全国の公設研とネットワークを構築し、地域企業の技術力向上に努めてきた。
(主な活動内容(学会などを含む))
  • 東京電機大学 客員教授 
  • 主な学会活動の場は精密工学会

連携に向けた思い・コメント

これまでに研究に加えて、ISO規格のプロジェクトリーダーを務めて、計量標準と工業標準を連携させて産業応用を目指す取り組みを行ってきました。
産業技術連携推進会議を通じての公設研との協力、アジア太平洋計量計画(APMP)議長としての活動や途上国支援など、研究だけでなくその成果の普及活動を含めて活動をしてきました。
私は研究者出身のICとして、自らの専門知識とこれまでの経験も活かしつつ連携の支援をしたいと思っています。

お問合せ等

E-mail: toshiuyki.takatsuji*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
参考情報:

イノベーションコーディネータ

齋藤 直昭(さいとう なおあき)の写真

齋藤 直昭(さいとう なおあき)

専門分野

  • 計測分野
  • 質量分析技術
  • 固体物理
キーワード
  • 先端計測
  • 装置開発
  • ナノ物質・材料評価
詳細情報

略歴

1989年4月  工業技術院 電子技術総合研究所 入所。
2001年  電力エネルギー部門、計測フロンティア研究部門、企画本部、産学官連携推進部門などに所属。
研究現場では、主に質量分析技術の研究開発に従事。
2015年4月 計量標準総合センター 分析計測標準研究部門 副研究部門長(主務)
          計量標準総合センター研究戦略部イノベーションコーディネータ(兼務)

主な連携活動

  • イノベーションコーディネータとして、産学官との連携促進で産総研技術による社会貢献を図ります         
  • TIA推進センターの先端計測分析機器の公開利用にも従事し、産総研の微細構造解析技術で企業・大学の研究開発への貢献を図ります。

連携に向けた思い・コメント

計測はあらゆる産業や研究開発における基盤技術です。産総研は我が国の公的研究機関ですが、その中において計量標準総合センター(NMIJ)では計量標準の整備とともに、計測分析技術の開発も実施しています。NMIJの有する分析と計測に関する標準と先端技術を、企業・大学等の皆様との連携を通じて普及し、より豊かで安全な社会の構築に貢献したいと考えています。

加藤 英幸(かとう ひでゆき)

専門分野

  • 計測・計量標準分野一般
  • 物性物理
  • 材料科学
  • 熱物性
  • 熱測定、熱分析
  • 伝熱工学
  • 低温工学
キーワード
  • 計測装置、計測システム
  • 正確性の評価
  • 固体材料の熱伝導率
  • 熱拡散率、比熱容量
  • ヒートスプレッダー
  • 高伝熱炭素系材料
  • 熱伝導フィラー
  • 示差走査型熱量計(DSC)による熱分析
詳細情報

略歴

1989年 工業技術院計量研究所入所。低温工学分野で熱物性の研究に従事。
2001年 産総研改組後は計測標準研究部門、能力開発部門、計量標準管理センターなどに所属。主に固体材料の熱物性標準の研究開発を担当し企業連携にも従事。
2017年 イノベーションコーディネータ。(現職)

  • 理学博士
(受賞歴)
  • 2009年4月 市村学術賞貢献賞
  • 2020年4月 日本伝熱学会技術賞

主な連携活動

  • 計量標準総合センターでは幅広い産業分野、学術分野からの問い合わせや連携相談に対応しており、イノベーションコーディネータとして所内外の関係者の調整にあたっています。
  • 当センターだけでも年間数百件に上る相談・連携案件(技術相談、技術コンサルティング、共同研究、受託研究など)への日常的な対応に加え、大型連携構築のための活動にも注力しています。

連携に向けた思い・コメント

産総研は、我が国の公的研究機関として最大の規模と範囲を誇り、新技術・新製品の開発に必要な多様な要素技術とインフラを提供します。計量と計測技術はこれらを有効に組み合わせて活用するための指標を与えてくれます。オープンイノベーションの時代だからこそなおさら求められるのが信頼できる計測とこれに基づく適格な評価です。計量標準総合センターの計測技術の専門家が皆様の技術開発、製品開発、事業展開を後押しします。ご相談ください。

▲ ページトップへ

TIA推進センター

上席イノベーションコーディネータ

岡田 道哉(おかだ みちや)の写真

岡田 道哉(おかだ みちや)

専門分野

  • 日本型オープンイノベーション
    (モノづくり共同研究体マネジメント)
キーワード
  • パワー半導体
  • パワーエレクトロニクス及び応用製品
  • 超電導材料
  • 超電導技術及び応用製品
  • 電力材料
  • 電力機器
詳細情報

略歴

1984年(株)日立製作所入社。日立研究所にて電力材料の研究開発に従事。
1987年~ 超電導材料及び応用機器開発を担当。超電導マグネット、MRI,NMRI、磁気浮上列車等の応用製品開発に従事。
日立グループ企業による新製品開発プロジェクトリーダー、大型国家プロジェクトリーダー等を歴任。
日立研究所エネルギー材料研究部長を歴任。
2009年10月 産総研へ転籍。
2009年10月 産総研イノベーション推進室・審議役(パワーエレクトロニクス担当)
2015年4月より上席イノベーションコーディネータ(現職)。

(受賞歴)
  • 第2回超伝導科学技術賞(1998)
  • 日立製作所社長知的財産権賞・金賞(2004)
  • 日立メディコ社長技術賞・特賞(2008)
  • 第4回超電導科学技術賞(2010)
  • 産総研理事長賞(2013)         
  • 産総研理事長賞(2020)

主な連携活動

  • TPEC(つくばパワーエレクトロニクス・コンステレーション)事務局長
  • SPEL(スーパークリーンルーム・パワーエレクトロニクス・ライン)事務局長
  • ASCOT(つくば応用超電導コンステレーションズ)事務局長

連携に向けた思い・コメント

日本の製造業では、海外で実践されているオープンイノベーションをそのまま実施するこ とは容易ではありません。 技術にこだわりを持つことは、日本人の生き方そのものです。私は、互いに技術にこだわりを持つことを認め合いながら、開発期間短縮と開発コストの削減による新技術=イノベーションのリスク低減を実現する「日本型オープンイノベーション」のお手本を実践します。座右の言葉は、「為せば成る。為さねば成らぬ何事も。成らぬは人の為さぬなりけり」(上杉鷹山)です。時代に合わせて、日本のイノベーションを変えてゆきましょう。

お問合せ等

Tel:029-862-6138
E-mail: michiya.okada*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)
Web:『産総研Today』「日本のイノベーションモデル」をイノベーションする [ PDF:980KB ]

イノベーションコーディネータ

有本 宏(ありもと ひろし)の写真

有本 宏(ありもと ひろし)

専門分野

  • 表面物理
  • 電子工学
キーワード
  • LSI製造プロセス
  • 微細加工技術
  • プラズマエッチング技術
  • 電子ビーム露光技術
  • 計測技術
詳細情報

略歴

2017年4月 産総研に入所。
TIA推進センター イノベーションコーディネータに着任。
前職の半導体デバイスメーカには30年近く勤務し、半導体製造プロセス、特に微細加工プロセスに関わる幅広い知見を有する。

主な連携活動

  • TIA推進センターが所掌するナノプロセシング共用施設(NPF)の運用管理に従事。企業ユーザーを含む外部ユーザーに対して、微細加工・分析技術全般に関わる技術相談、及び技術指導を行っている。 
  • 広報活動と人材育成を兼ねて、毎年4、5回の技術セミナーを開催。
  • サポイン事業制度等を活用する中小企業・ベンチャー企業への支援。

連携に向けた思い・コメント

半導体デバイスメーカでの、長年の半導体プロセス技術に関する経験を活かし、若手の育成やナノテクノロジーの発展に少しでも貢献したい。

元木 健作(もとき けんさく)の写真

元木 健作(もとき けんさく)

専門分野

  • 化合物半導体工学
  • 材料開発全般
  • 電子部品材料
キーワード
  • 窒化ガリウム
  • 開発企画
  • 事業化戦略
  • 知財戦略
詳細情報

略歴

1983年 住友電気工業株式会社入社 電子材料の研究開発、および開発企画等に従事。
1994~1995年  米国スタンフォード大学にて客員研究員。
その後、取り組んだ化合物半導体材料では、研究テーマ立案、基礎研究からマーケティング、製品化と量産立ち上げまでを行い、研究から事業化までのプロセスをリーダーとして経験。
2015年11月  産総研入所 TIA推進センター イノベーションコーディネータ着任

(受賞歴等)
  • 博士(工学)
  • 文部科学大臣表彰 科学技術賞(研究部門)(2009年)
  • 全国発明表彰 21世紀発明奨励賞(2008年)
  • 大河内記念技術賞(2008年)
  • 電気科学技術奨励賞(オーム技術賞)(2007年)
  • 日本結晶成長学会 技術賞(2006年)

主な連携活動

  • 産総研が有する数多くの共用施設・設備群をベースとして、産総研と企業との共同研究等の連携の場を創出するための活動を中心に行っている。
  • 国内有数のスーパークリーンルームを利用した、半導体メーカをはじめとする関連企業と産総研との新技術に関する共同研究のコーディネーション
  • 企業で対応に苦慮している課題に対し、産総研の研究部門の支援を得て解決するためのサポート等

連携に向けた思い・コメント

これまで蓄積してきたすべての経験、テーマ立案、マーケッティング、知財対応、事業化戦略等を生かして、産総研の持つ優れた技術を、企業へ橋渡しし、日本企業の競争力強化に少しでも貢献したいと考えております。国研を起源とした我が国のオープンイノベーションの推進に微力ながらも尽くしたいと存じます。 お困りの事がありましたら、まずは、気軽にご連絡をお願いいたします。

お問合せ等

Tel:029-862-6336
E-mail:motoki-kensaku*aist.go.jp(*を@に変更して使用してください。)

▲ ページトップへ

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所