English

 

第16回仙台まちなかサイエンスinもりおか

サイエンストーク「地質学で読み解く『楢ノ木大学士の野宿』」「賢治と鉱物」


不思議なミニ科学体験に夢中の様子の写真

 平成25年2月10日(日)、いわて県民情報交流センター・アイーナ5Fにて、仙台まちなかサイエンスの出前として「まちなかサイエンスinもりおか」を開催しました。

 ミニ科学体験では、見た目は不思議、でも中身は科学的なものばかりで、小さなお子さん達も興味津々の様子でした。またサイエンストークとして「地質学で読み解く『楢ノ木大学士の野宿』」を産業技術総合研究所フェローの加藤碵一さんに、「賢治と鉱物」を地質標本館名誉館長の青木正博さんにご講演いただきました。

 岩手出身の宮沢賢治の童話を地質学で読み解く形式は、鉱物の展示と合わせて、開催地である岩手の方からの関心も高かったようです。トーク参加の女性の方から、宮沢賢治の作品を読むときの参考となりましたと、大変充実したお顔で感想をいただきました。また、おじいちゃんとお孫さんの参加がありました。おじいちゃんはトークスペースの最前列で講師の話を熱心にお聴きになり、その2時間余の間、お孫さん(小学生)はミニ科学体験コーナーで科学工作に熱中していました。世代を超えた今回のまちなかサイエンスでした。


宮沢賢治と鉱物の展示の写真
宮沢賢治と鉱物の展示も行いました
サイエンストークにて地質学について加藤さんと青木さんにわかりやすく解説していただいている写真(写真は加藤さん)
サイエンストークでは地質学について加藤さんと青木さんにわかりやすく解説していただきました(写真は加藤さん)

開催概要
日時 2013年2月10日 日曜日 10時00分 ~ 16時00分
会場 いわて県民情報交流センター・アイーナ 5階 環境学習交流センター
〒020-0045 岩手県盛岡市盛岡駅西通1-7-1
主催 産業技術総合研究所 東北センター
参加費 無料
問い合わせ先 (盛岡)環境学習交流センター
   電話:019-606-1752 FAX:019-606-1753 Eメール:メールアドレス:eco*aiina.jp(*を@に変更してご使用ください)
(仙台)仙台まちなかサイエンス事務局(産総研東北サテライト内)
   電話:022-726-6030 FAX:022-224-3425 Eメール:メールアドレス:asist-ml*aist.go.jp(*を@に変更してご使用ください)

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所