English

 

第5回産総研サイエンスカフェ

「“はかる”のおおもと」


写真1

 8月24日(金)、第5回産総研サイエンスカフェ「“はかる”のおおもと」を、つくば国際会議場内レストラン(つくば市)にて開催しました。夏休みの昼下がりに、32名の方に参加していただきました。

 今回の話題提供者は、小野晃理事です。日常生活で使っているたくさんの“はかる”道具には、共通の基準が必要となります。今回は、その基準を決める、計量標準のお話。今回は、長さと温度の基準について取り上げました。

 第1部では、長さの基準が、より精度の高いものへ、時代と共に変化してきたというお話をしました。第2部では、昔と今の温度の基準が、どう決められたかという話をしました。温度の基準が変わったことで、水が沸騰する温度は100℃ぴったりではなくなったというお話には、皆さん驚かれていたようです。二択の簡単なクイズを出しながら、日常生活では気にもかけないような“はかる”基準について、丁寧に説明しました。

 今回は、6名の計量標準の研究者が参加し、各テーブルでは、様々な標準器を参加者に披露しました。長さの基準であったメートル原器や重さの基準であるキログラム原器のレプリカなど、普段目にすることのない標準器に、皆さん興味津々のご様子でした。

 アンケート結果では、全員が会場の雰囲気について「大変良かった」または「良かった」と答えてくださいました。また、「ものさしやはかりの元について考えたのは初めてでした。」「難しい研究も生活に密接したもので大変身近に感じられました。」などのコメントをいただきました。

 次回のサイエンスカフェは、10月頃、デジタルヒューマン研究センターの西田佳史さんが子どもの事故防止などをテーマに話題提供する予定です。どうぞお楽しみに。

 (申し込み受付は、約1ヶ月前の開始を予定しております。詳細は、後日、産総研公式HP内でお知らせいたします。)

写真2
会場の様子
写真3
水の三重点セル(水蒸気、水、氷が共存しています。)

開催概要
日時 2007年8月24日 金曜日 15時00分 ~ 16時30分
会場 レストラン エスポワール
〒305-0032 つくば市竹園2-20-3(つくば国際会議場内)
*駐車場は周辺の有料駐車場をご利用ください。
主催 産業技術総合研究所
定員 30名
参加費 無料(ドリンク・軽食付き)
申込方法 電話、Eメール、FAXのいずれかで「8月24日 産総研サイエンスカフェ参加希望」、氏名、参加人数、連絡先(電話番号またはEメールアドレス)を明記して、8月23日までにお申し込みください。申し込みを受け付けた方にはご連絡を差し上げます。
*定員に限りがございますので、参加人数のご連絡をお願いいたします。
*ご登録いただいた個人情報を本目的以外に使用することはありません。
申込み、問い合わせ先 産業技術総合研究所 広報部
〒305-8568 つくば市梅園1-1-1 中央第2 つくば本部・情報技術共同研究棟8F
電話:029-862-6211 FAX:029-862-6212
Eメール:メールアドレス:s.cafe-ml*aist.go.jp(*を@に変更してご使用ください)
*サイエンスカフェのスナップ写真を産総研の広報活動に使用させて頂く場合がございます。その他の目的に使用することはございません。あらかじめご了承ください。

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所