English

 

第43回産総研サイエンスカフェ

「しなやかな血管で健康維持 ~動脈硬化を防ぐ生活習慣とは!?~」

 平成26年1月24日(金)、つくばカピオ別棟「カフェ・ベルガ」(茨城県つくば市)にて第43回産総研サイエンスカフェ「しなやかな血管で健康維持 ~動脈硬化を防ぐ生活習慣とは!?~」を開催しました。話題提供者は、ヒューマンライフテクノロジー研究部門 身体適応支援工学グループ 菅原 順 主任研究員です。

写真1

 菅原さんは、自己紹介、これまで行ってきた研究内容を説明した後、話題提供に入りました。今回は、次の5つのアウトラインに沿ってお話が進みました。

  • 話題1:動脈硬化とは?
  • 話題2:動脈硬化度をどう測るか?
  • 話題3:動脈硬化に対する運動の効果
  • 話題4:動脈硬化に対する運動以外の効果
  • 話題5:血圧の話

 まずはじめに、参加者にクイズが出題されました。「成人のからだの血管をつなぎ合わせると何メートルになるでしょう?」 答えはおよそ10万キロメートル。地球約2周半に相当します。これには参加者の皆さんも驚きです。そんな体中を張り巡らされている血管には、いくつかの種類があり、動脈硬化と深く関連するのが中心動脈です。この中心動脈がやわらかくしなやかであることで、心臓への負担が軽減され、心臓への血流がサポートされるのです。血液がドロドロになって血管が詰まる病気というイメージが強い動脈硬化ですが、実は、「動脈の硬さ」も重要な因子なのです。

 続いて、テーブルに用意した風船を参加者に膨らませてもらいました。息を吹き込む参加者を心臓、風船を中心動脈に見立てています。硬い風船だと息を吹き込むのが大変、つまり血管が硬いと心臓が血液を送り込むのが大変になる、ということを体感してもらいました。

写真2
風船を膨らませて血管のしなやかさの重要性を考えます。
写真3
菅原さんの説明に皆さん熱心に耳を傾けています。

 菅原さんは、動脈の硬さ(動脈硬化度)の測定方法について研究しています。自身の研究に関して、動脈を伝わる脈波のスピードで動脈硬化度を測ること、動脈の長さ(動脈長)の測り方が動脈硬化度の値に大きく影響することなどを説明しました。会場では、各テーブルに家庭用の血圧計を用意し、立った姿勢(立位)と座った姿勢(座位)での血圧を比較してもらい、血圧の原理についての説明が行われました。また、希望する参加者には中心血圧計での中心血圧の測定も行いました。

写真4
立位・座位での血圧の比較。
写真5
中心血圧計での測定。

 では、動脈硬化は予防・改善することができるのでしょうか。菅原さんは、持久性運動(ウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳など)、筋トレ、ストレッチといった運動や日常の身体活動(家事、庭仕事、徒歩での移動など)が動脈硬化度に与える効果について紹介しました。研究により、加齢にともない動脈が硬くなった中高齢者においても、習慣的な運動で動脈がやわらかくなること、運動の習慣をやめると動脈が元の硬さに戻ることなど、普段からよく身体を動かすことが動脈硬化の予防・改善につながることを裏付ける結果が示されました。また、コメディ番組を見て笑うことや赤ワインを摂取することで、一時的に動脈がやわらかくなるという大変興味深い結果も出ているそうです。(※これらの結果はあくまでも参考情報であり、実際の治療等は、医師の指導のもと行われることを推奨します)。

 菅原さんは、身近な病気である動脈硬化について、「血管の硬さ」という観点から紹介し、動脈硬化の度合いを正しく測ることの大切さ、生活習慣を見直し、改善することで動脈硬化を予防・改善できうるということを参加者に改めてお伝えし、今回のカフェを締めくくりました。

サイエンスカフェの様子を撮影編集した動画。
開催概要
日時 2014年1月24日 金曜日 18時30分 ~ 20時00分
(終了後、30分程度フリーで話題提供者とお話いただく時間をご用意しています。)
会場 カフェ・ベルガ
〒305-0032 つくば市竹園1-10-1(つくばカピオ別棟)
※駐車場は、周辺の有料駐車場をご利用ください。
主催 産業技術総合研究所
参加費 無料 (ドリンク・お菓子をご用意)
定員 30名
対象 高校生以上
申込締切 1月16日 木曜日 17時00分
申込方法 参加申込につきましては、お申込フォーム、Eメール、電話のいずれかの方法で「1/24産総研サイエンスカフェ参加希望」、 名前、人数、連絡先(メールアドレス)を添えて、お申し込みください 。

[1]サイエンスカフェ専用お申込フォーム

[2]Eメール:必要事項を記入の上、事務局宛に送信
 必要事項・・・お名前(ふりがな)、参加人数、連絡先

[3]電話:必要事項をお伝えください
 必要事項・・・お名前、参加人数、連絡先

※1月17日に皆様に参加の可否を通知いたします。連絡先は必ず記載してください。
※定員を超えた場合には抽選となります。
※ご登録いただいた個人情報を本イベントの対応以外に使用することはありません。
問い合わせ先 産業技術総合研究所 広報部 産総研サイエンスカフェ事務局
〒305-8568 つくば市梅園1-1-1 中央第2 つくば本部・情報技術共同研究棟8F
電話:029-862-6211 Eメール:メールアドレスs.cafe-ml*aist.go.jp(*を@に変更してください)
※産総研の広報活動に使用することを目的として、サイエンスカフェの様子を写真や動画等で撮影させていただく場合がございます。その他の目的に使用することはございません。あらかじめご了承ください。

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所