English

 

第39回産総研サイエンスカフェ

「地球にもっとやさしいバイオプラスチック~ミドリムシから始まる"ものづくり"~」


写真1

 平成25年5月31日(金)、つくばカピオ別棟「カフェ・ベルガ」(茨城県つくば市)にて第39回産総研サイエンスカフェ「地球にもっとやさしいバイオプラスチック ~ミドリムシから始まる“ものづくり”~」を開催しました。話題提供者はバイオメディカル研究部門 分子細胞育種研究グループ 芝上基成 上級主任研究員です。

 今回は、微生物のミドリムシからプラスチックを作成するという研究について、ミドリムシとはどのような生物なのか、ミドリムシをはじめとする藻類がどのような利用の可能性があるかなどのお話から、どうやってプラスチックを作るのか、話題を提供しました。


 カフェでは、まずミドリムシについての説明から話題提供が始まりました。芝上さんは、教科書や図鑑などに載っているようなミドリムシの詳しい構造や、ミドリムシが実際に動き回る様子を顕微鏡で観察した動画を紹介し、同時にミドリムシを模したキャラクターなども取り上げながら、ミドリムシが動物と植物の両方の性質をもつ大変興味深い生物であることを語ります。ミドリムシは、廃水中でも二酸化炭素を取り込んで光合成を行ったり、様々な物質を生産したりする特殊な性質が注目され、最近では食品や燃料に利用されています。会場では、実際にミドリムシを使ったクッキーが配られ、参加者は大変興味深そうにクッキーを試食されていました。しかし芝上さんは、市場価格などを考えると、食品や燃料よりも工業材料や医薬品など、さらに有効なミドリムシの利用法があるのではないかと提案します。

 話題提供後半は、ミドリムシからどのようにしてプラスチックを作ったのかという研究内容について説明がありました。石油から作る従来のプラスチックに比べ、環境に低負荷で作ることができるミドリムシプラスチックは、ミドリムシが生産するパラミロンという物質を原料に作られます。

 会場では、ミドリムシプラスチックの実物や原料のパラミロンの粉末が参加者に回覧され、参加者は説明を聞きながら大変興味深そうにサンプルを手に取り、観察されていました。

 パラミロンはその強力な構造から溶けないため、成形が難しいという課題がありました。そこで、このパラミロンの強固な構造をほどくことで問題を解決し、ミドリムシプラスチックを開発することができたというお話を、芝上さんは生き生きと語ります。

 さらに、プラスチック粉末を紙にはさんでアイロンで熱することでプラスチック片を作成するというデモ実験が披露されました。実験の合間に、芝上さんは自分がなぜミドリムシプラスチックを研究することになったのかの経緯を話しました。参加者には、研究者である芝上さんに、より親しみを感じていただけたようです。

 最後に、各テーブルでディスカッションの時間が設けられました。カフェで紹介された食品、燃料、プラスチック等以外にミドリムシをどのように利用できるか、各テーブルで思い思いに議論が進められました。化粧品、繊維といった現実的な回答から、ミドリムシのイラストのキャラクターとしての利用や、ミドリムシを培養すると培養液の色が変わる性質を生かし観賞用に利用するなど想像力に富んだ回答まで、議論は大変盛り上がり、参加者はミドリムシのもつ大きな可能性について、想像を膨らませていました。


写真2
参加者はミドリムシプラスチックの実物を手にとり、熱心に観察されていました。
写真3
見た目は白い粉ですが、ミドリムシプラスチックの原料となるパラミロンの粉末です。
写真4
ディスカッションでは、芝上さんも議論に加わり、参加者と積極的にコミュニケーションをはかっていました。

 次回の産総研サイエンスカフェは平成25年7月に開催されます。太陽光発電システムのメンテナンスをテーマに、太陽光発電工学研究センター 加藤和彦 研究チーム長から話題提供があります。詳細が決まり次第、産総研サイエンスカフェのホームページでお伝えしますので、ご期待ください!


開催概要
日時 2013年5月31日 金曜日 18時30分 ~ 20時00分
(終了後、30分程度フリーで話題提供者とお話いただく時間をご用意しています。)
会場 カフェ・ベルガ
〒305-0032 つくば市竹園1-10-1(つくばカピオ別棟)
※駐車場は、周辺の有料駐車場をご利用ください。
主催 産業技術総合研究所
定員 30名
対象 高校生以上
申込締切 5月23日 木曜日 17時00分
参加費 無料(ドリンク・菓子付き)
申込方法 参加申込につきましては、お申込フォーム、Eメール、電話でお願いいたします。

[1]サイエンスカフェ専用お申込フォーム

[2]Eメール:必要事項を記入の上、事務局宛に送信
 必要事項・・・お名前(ふりがな)、参加人数、連絡先

[3]電話:必要事項をお伝えください
 必要事項・・・お名前、参加人数、連絡先

※5月24日に皆様に参加の可否を通知いたします。連絡先は必ず記載してください。
※定員を超えた場合には抽選となります。
※ご登録いただいた個人情報を本イベントの対応以外に使用することはありません。
問い合わせ先 産業技術総合研究所 広報部 産総研サイエンスカフェ事務局
〒305-8568 つくば市梅園1-1-1 中央第2 つくば本部・情報技術共同研究棟8F
電話:029-862-6211 Eメール:メールアドレス:s.cafe-ml*aist.go.jp(*を@に変更してご使用ください)
※「産総研サイエンスカフェ」を紹介する目的で、Web等で公開するための写真撮影を行うことがあります。

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所