English

 

第20回産総研サイエンスカフェ

「サイバネティックヒューマンHRP-4C未夢~人間型ロボットはここまできた~」


 2月26日(金)、第20回産総研サイエンスカフェ「サイバネティックヒューマンHRP-4C未夢~人間型ロボットはここまで来た~」をつくばカピオ別棟 カフェベルガ(茨城県つくば市)にて開催しました。今回は58名の方々にお申込みを頂いたため抽選を行い、30名の方にご案内を差し上げました。

 話題提供者は、知能システム研究部門 横井一仁副研究部門長です。

 前半では産総研の人間型ロボットの開発の歴史を、後半ではHRP-4C未夢(ミーム)に秘められた可能性にせまりました。

 産総研では以前から二足歩行ロボットの開発を行ってきました。しかし、歩行できるだけでは商品価値が十分ではないこと、また高額であることから、ロボット産業化への市場はなかなか成長しないという問題に直面していました。

 そこで「原点に立ち返り、人間と似た容姿で、人間と似た動作をするロボットを開発しよう」と、HRP-4C未夢の開発が始まりました。

 未夢をはじめヒューマノイドロボットの特徴として、人の環境や装置がそのまま使えることが挙げられます。その中でも未夢のようにエンターテイメントに特化したロボットは、多くの人に受け入れやすいとも言えます。日本人青年女性の平均値を参考に人間に近い外観をした未夢は、人間に近い動作を実現するために多くの関節を持ち、全身の動作についてはモーションキャプチャーで本物のモデルの動きを参照して使っています。

 実際に、未夢はモデルとして展示会や、ウェディングドレス姿でショーに出演したり、女優として活躍したこともあります。

 しかし未夢に期待されている将来性はエンターテイメント分野だけではありません。人間に近い人間の動作を補助する機械に応用されることも期待できます。また、介護をする人を教育するロボットとして活躍できる日がくることも期待されています。

 参加者の方からは「ロボットが一般に普及するのはいつ頃になるのか興味を持った」など、実用化への期待を寄せる声が多く聞かれました。

 次回は2010年4月23日(金)、燃える氷とも呼ばれている「メタンハイドレート」をテーマに開催する予定です。ご興味のある方はぜひ、お申込み下さい。

写真1 写真2

開催概要
日時 2010年2月26日 金曜日 18時30分 ~ 20時00分
(終了後、30分程度フリーで話題提供者とお話いただく時間をご用意しています。)
会場 カフェ・ベルガ
〒305-0032 つくば市竹園1-10-1(つくばカピオ別棟)
※駐車場は、周辺の有料駐車場をご利用ください。
主催 産業技術総合研究所
定員 30名
参加費 無料(ドリンク・軽食付き)
申込方法 参加申込につきましては、お申込フォーム、Eメール、FAX、電話でお願い致します。

[1]サイエンスカフェ専用お申し込みフォーム

[2]Eメール:必要事項を記入の上、事務局宛に送信
 必要事項・・・お名前(ふりがな)、参加人数、連絡先

[3]FAX:参加申込書に記入の上、事務局宛にFAX
 FAX用参加申込書[ PDF:8KB ]

[4]電話:必要事項をお伝えください
 必要事項・・・お名前、参加人数、連絡先

※ご登録いただいた個人情報を本イベントの対応以外に使用することはありません。
問い合わせ先 産業技術総合研究所 広報部 産総研サイエンスカフェ事務局
〒305-8568 つくば市梅園1-1-1 中央第2 つくば本部・情報技術共同研究棟8F
電話:029-862-6211 FAX:029-862-6212
Eメール:メールアドレス:s.cafe-ml*aist.go.jp(*を@に変更してご使用ください)
※当日撮影した写真等を産総研の広報活動に使用させて頂く場合がございますのであらかじめご了承下さい。
※ラヂオつくばの番組制作に協力するため、録音させて頂く場合がございます。
※一般の方が対象ですが、お子様のご参加はご遠慮頂いておりますのでご了承下さい。

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所