English

 

第10回産総研サイエンスカフェ

「太陽の光で電気を作る」


写真1

 6月20日(金)、第10回産総研サイエンスカフェ「太陽の光で電気を作る」を、つくば国際会議場内レストラン(つくば市)にて開催し、27名の方にご参加いただきました。

 話題提供は、太陽光発電研究センター化合物薄膜チームの櫻井啓一郎研究員です。
 また、櫻井さんと同じ化合物薄膜チームから研究者4名も参加し、各テーブルで参加者と一緒にお話をしました。

 今回は、太陽光発電の要である太陽電池の仕組みをお話するにあたり、簡単な実験をご用意しました。夜の開催のため、太陽の光ではなく電球を使った実験となりましたが、みなさん興味深そうに太陽電池でモーターをまわしたり、豆電球をつけたりしていらっしゃいました。

 太陽電池の仕組みをご紹介した後は、設置場所や規模を選ばない、昼間の電力需要のピークに対応した発電が可能、といった太陽電池の特性のお話をしました。

  続いて、参加者とのやりとりも交えつつ、今日大きな問題となっている地球温暖化にからめながら、日本における太陽光発電の現状とこれからについてお話しました。

 日本では、補助金がなくなったなどの政策的な要因で太陽電池の生産が伸び悩んでおり、生産コストが下がらないというお話では、参加者から「国内がダメなら、海外で技術を高めてコストを下げるという選択肢もあるのではないか」といった意見が出されるなど、みなさんそれぞれに太陽光発電について考えていただけたようです。

 今回は、太陽電池の原理といった科学的な内容から、国の政策まで、太陽光発電をとりまく幅広い話題を盛り込んだサイエンスカフェとなりました。

 最後に、櫻井研究員から、「地球温暖化からは逃げられないので、太陽光発電も含め、あらゆる手段を駆使する必要がある。火事のときと同様、『慌てず、急ぐ』ことが大切。」とのコメントがあり、第10回産総研サイエンスカフェ「太陽の光で電気を作る」は幕を閉じました。

 次回は、9月5日(金)に「プラスチックの革命 石油から植物へ!」と題し、植物由来プラスチックをテーマに開催いたします。7月末から8月初めにかけて募集を開始する予定です。ご興味のある方は、ぜひお越しください!

写真2 写真3

開催概要
日時 2008年6月20日 金曜日 18時30分 ~ 20時00分
(終了後、30分程度フリーで話題提供者とお話いただく時間をご用意しています。)
会場 レストラン エスポワール
〒305-0032 つくば市竹園2-20-3(つくば国際会議場内)
※駐車場は、周辺あるいは国際会議場の有料駐車場をご利用ください。
主催 産業技術総合研究所
定員 30名
参加費 無料(ドリンク・軽食付き)
申込方法 参加申込につきましては、お申込フォーム、Eメール、FAX、電話でお願い致します。

[1]サイエンスカフェ専用お申し込みフォーム

[2]Eメール:必要事項を記入の上、事務局宛に送信
 必要事項・・・お名前(ふりがな)、参加人数、連絡先

[3]FAX:参加申込書に記入の上、事務局宛にFAX
 FAX用参加申込書[ PDF:9KB ]

[4]電話:必要事項をお伝えください
 必要事項・・・お名前、参加人数、連絡先

※ご登録いただいた個人情報を本イベントの対応以外に使用することはありません。
問い合わせ先 産業技術総合研究所 広報部 産総研サイエンスカフェ事務局
〒305-8568 つくば市梅園1-1-1 中央第2 つくば本部・情報技術共同研究棟8F
電話:029-862-6211 FAX:029-862-6212
Eメール:メールアドレス:s.cafe-ml*aist.go.jp(*を@に変更してご使用ください)
※当日撮影した写真等を産総研の広報活動に使用させて頂く場合がございます。その他の目的に使用することはございません。あらかじめご了承ください。

▲ ページトップへ

国立研究開発法人産業技術総合研究所