つくばセンター

現在位置研究拠点 > つくばセンター

見学施設

サイエンス・スクエアつくばへのリンク

地質標本館へのリンク

2013 AIST REPORT
産総研レポート 2013

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

お知らせ

  • 【開催】 つくば発イノベーション第26回講演会

    開催日:2014年3月20日 木曜日

     筑波研究学園都市が出来て早30余年。つくばは世界有数の各分野の公的研究機関や大学、企業が集積した地区です。

     今までも、つくばでは各機関の間で、様々な連携が行われてきましたが、我々産総研は「つくばのポテンシャルはまだまだこんなものではない」と考えています。そこで、つくばの利点を活かし、研究機関、大学、企業の連携をより密にし、新しいイノベーションを創出するための基盤づくりを行うべく、「つくば発イノベーション」を題材とした講演会を開催します。つくば地区の関係者の皆様のご参加を心よりお待ちしています。

    【テーマ】
    「双腕作業機ASTACOと建設機械ロボット化の取組み」
    【講演者】
    石井 啓範 氏(日立建機株式会社 研究本部技術開発センタ 主任研究員)
    【テーマ】
    「バイオ革命を加速する汎用双腕ロボット」
    【講演者】
    松熊 研司 氏(株式会社安川電機 サービスロボット技術部 バイオロボット技術課 課長)

  • 【終了】 第44回産総研サイエンスカフェ
                「富士山の将来を考える 〜噴火史でひも解く富士火山の謎〜」

    開催日:2014年3月7日 金曜日

     世界文化遺産にも登録され、国内外から多くの人々が訪れる富士山。活火山である富士山は、長い噴火の歴史を持っています。弥生時代には爆発的な噴火を幾度も起こし、奈良・平安時代になると山腹の割れ目噴火を繰り返しました。そんな富士山も1707年の宝永噴火を最後に、現在に至る300年の静穏を続けています。

     今回のカフェでは、産総研の調査などにより明らかとなった富士山の噴火史を解説します。観光客が行くことのできない場所など隠れた富士山の横顔を紹介し、噴火の仕組みを知るための簡単な実験も行います。過去を知ることから、富士山のこれからについて一緒に考えましょう!

    −話題提供−

    ・高田 亮(地質情報研究部門 マグマ活動研究グループ 主任研究員)


  • 【報告】 2013年産総研つくばセンター一般公開

    開催日:2013年7月20日 土曜日

    毎年恒例の産総研つくばセンターの一般公開。今年は7/20(土)に開催されます。

    イグノーベル賞を受賞した栗原氏による特別講演や、施設見学など、企画はもりだくさん。

    もちろん、子供たちに大人気の体験コーナーや工作コーナーもいっぱいです!



連絡先

つくばセンター番号案内・部署案内等窓口

電話:029-861-2000

メール:webmaster-ml@a ist.go.jp