産総研トップへ

研究ユニット

 東北センターには、研究実施部門として、化学プロセス研究部門が配置されています。
 化学プロセス研究部門は、東北センターとつくばセンターの知を結集し、環境に優しい物質・材料製造プロセスの実現を目的に、高効率な反応プロセス、省エネルギーな化学品製造プロセス、並びにそれらに資する材料 開発や部材化などの技術開発を通じて、我が国の化学プロセスイノベーションの推進に貢献します。

化学プロセス研究部門

  • コンパクトシステムエンジニアリンググループ(東北センター)
    低環境負荷な化学プロセスの提案を目指して、高温高圧の水や二酸化炭素、イオン液体などのグリーン溶媒を用いた化学反応や材料加工など の研究開発と共に、部材化や装置化などのエンジニアリングについても行います。

  • 化学システムグループ(つくばセンター)
    省エネでシンプルな分離プロセスの構築を目的として、高機能ナノ多孔質材料と分離プロセスの統合的な開発や評価手法の研究開発を行います。

  • マイクロ化学グループ(東北センター)
    高効率で精密制御を可能とするマイクロ化学プロセスの構築を目的として、水など高温高圧流体やマイクロ波等の利用技術の研究開発を行っています。

  • 有機物質変換グループ(東北センター)
    グリーンな有機合成の提案を目指して、超臨界流体と触媒や酵素を組み合わせた有機物質の効率的な変換技術の研究開発を行います。

  • 膜分離プロセスグループ(つくばセンター)
    省エネ性の高い膜分離技術の実用化を目指して、新しい膜素材の合成から製膜・評価解析技術、膜利用プロセスに関する研究開発を行います。

  • ナノ空間設計グループ(東北センター)
    シンプルで新しい化学反応プロセスの提案を目指して、ゼオライト等のナノ構造制御技術やその部材化並びに分離、触媒反応への適用に関する研究開発を行います。

  • 階層的構造材料プロセスグループ(つくばセンター)
    ナノ構造を持つ機能性材料の産業利用展開のため、マクロサイズまでの階層構造を制御する製造プロセスの研究開発を行ないます。

  • 機能素材プロセッシンググループ(東北センター)
    クレーストに代表される新材料の社会実装を目指し、バリア特性、電気特性等を有する機能素材の開発とそれらを部材化するための製造プロセスの研究開発を行なっています。