産総研トップへ

とうほくOSL

東北産学官連携研究棟外観とうほくOSL (Open Space Lab) 」 は、産業技術総合研究所 東北センターに設置されている東北産学官連携研究棟の愛称です。

東北OSLは、産業技術総合研究所の技術ポテンシャルを活用して、べンチャー企業や新産業の創出を 目指す方々や、産業技術総合研究所と共同研究を行う方々に対して、実験室・研究室を提供し、環境負荷低減と地域活性化につながる新技術や新素材の創出を目指す研究活動を支援します。

施設概要


構 造 鉄筋コンクリート造 (一部S造)地上4階
延べ床面積 4,659.69 m²
完成年月 平成15年12月
所在地 宮城県仙台市宮城野区苦竹4-2-1産業技術総合研究所東北センター敷地内

実験研究室ごとに、設備運転、点検、計量、改修等が、可能です。
より広いスペースを必要とする場合には、隣り合う実験室の仕切壁を取り外すことのできる柔軟性のある構造となっています。

フロア図(平成28年9月現在の空き室は1階の除振室と特殊実験室、3階の実験室Bが1室、4階の実験室A2室と研究室1室です。)

施設詳細


施設の写真一覧
実験室A
12室 (約 61m2
実験室B
6室 (約 50m2
研究室
10室 (約100m2
高温高圧実験室
1室 (約100m2
防塵室
1室 (約 65m2
除振室
5室 (約 12~25m2

利用できる者

とうほくOSLは次のいずれかに該当する場合に御利用いただけます。

  1. 産業技術総合研究所が「産総研技術移転べンチャー」として認定した企業が技術開発を行う場合
  2. 企業や大学等が産業技術総合研究所と共同研究を行う場合
  3. 産業技術総合研究所が国や企業等からの受託研究を行う場合

利用料金

施設運営費 20,000円×面積 (m²)×人数比×年数(消費税別)
光熱水料 産総研の定める額×面積(m²)×人数比×年数(消費税込)
人頭経費 常駐の場合 25,000円×人数×月数(消費税別)
非常駐の場合 2,000円×人数×日数(消費税別)

※人数比 : 常駐共同研究者数 / (常駐共同研究者数+産総研研究者数)
※光熱水量を多量に使用する研究の場合は別途負担していただきます。

試算例

産総研とA社とで下記の条件にて共同研究を行う場合

  • 参画研究者 : 産総研 1名、 A社 2名(1名常駐 + 1名2回 / 月)
  • 利用施設 : 実験室A 61m²
  • 共同研究期間 : 1年間

施設運営費 20,000円  × 面積 (61m²) × 人数比 (1/2) × 年数(1)×1.08  658,800円
光熱水料 産総研の定める額 (28年度 6,373円 / 年) × 面積 (61m²) × 人数比(1/2) × 年数(1)  194,376円
人頭経費 常駐 1名 25,000円  × 人数(1名) × 月数(12か月) × 1.08  324,000円
非常駐 1名 2,000円 × 人数(1名) × 月数(月2回×12か月) × 1.08  51,840円
A社の利用料金  総計 1,229,016円

※減額措置前の金額となります。詳細は、下記「お問合わせ先」までお尋ねくたさい。

利用の手続き

手続きの流れ(①利用の申込み、②申込受理、③資格審査、④利用許可、⑤利用開始)

研究棟の利用には東北産学官連携研究棟審査運営委員会の審査・許可が必要です。

  • 利用申込書
  • 共同(受託)研究契約書等の写し

利用の期間

利用できる期間は、一つの研究プ口ジェクトに対して原則3年です。


お問合せ先  ※OSLに対する御要望等についても受け付けております。

国立研究開発法人 産業技術総合研究所 東北センター 産学官連携推進 OSL担当

〒983-8551
仙台市宮城野区苦竹4-2-1
e-mail : tohoku-osl-tantou-ml*aist.go.jp(*を@に変えて送付してください)
電話 : 022-237-0936 FAX: 022-231-1263