東日本大震災関連情報

 > つくばセンター放射線測定結果 > Q&A

Question

産総研の実施している放射線測定に関してよ、よく寄せられる質問をQ&Aにいたしました。

Answer

3月11日の大地震後に産総研が実施している放射線測定は?

大気中の放射線量と地表への降下物に含まれる放射性物質(放射性核種)を測定しています。これらの測定結果を3月15日測定分から掲載しています。

産総研ではどのような方法で放射性物質を測定しているのですか?

半導体検出器により放射線の一つであるγ線のエネルギーを測定しています。

産総研で公開している放射線量が3月21日から上昇傾向にありますが、この理由は何でしょうか?

放射線量は発生源の放射能強度、発生源までの距離、発生源と測定場所それぞれの風向きや風速、あるいは雨などのさまざまな要因で変動します。3月21日の上昇傾向は風向きや雨天によるものと考えられますが、当所の測定結果のみでは理由を特定することは困難です。

つくば市の他機関の測定と比較しましたが、数値の違いがあるのはなぜですか?

地域により数値の違いもありますが、当所では測定結果からバックグラウンドとして0.06 µSv/hを差し引いています。高エネルギー加速器研究機構や物質・材料研究機構の測定値はバックグラウンドを差し引いていません。なお、バックグラウンドとは宇宙線、地表および空気中からの放射線などによって通常受けている放射線の影響のことで、これまでの産総研でのバックグラウンド測定結果から0.06 µSv/hを用いています。

産総研ではどのような放射性物質が検出されていますか?

放射性ヨウ素(I)、セシウム(Cs)、キセノン(Xe)、テルル(Te)などを検出しました。

http://www.aist.go.jp/taisaku/ja/measurement/index.html の放射性核種についての測定結果をご参照ください。

風向きにより放射線量に変化がありますか?また、その分析をしていますか?

風速・風向きによる影響は考えられますが、当所では風向の同時測定は実施していないため、ホームページで掲載している以上の分析はできておりません。

今回の原発事故の影響による放射線の検出量は日本では過去にないレベルなのですか?また、放射線の健康への影響はどのように考えられますか?

産総研では過去に同様な環境測定は実施しておりません。今回、つくばセンターで測定している放射線量は3月15日から現在までで最大1.54 µSv/hですので、健康に影響を与えるものではありません。

検出された放射性ヨウ素131や132、放射性セシウムの量からどのようなことが推測できますか?

通常の環境放射線測定では検出されない放射性核種が含まれているので、核分裂反応生成物と推測されますが、今回の測定結果だけでは、それ以上の推測は困難です。

使用済みの核燃料から新しい放射性物質が出ている可能性はありますか?

当所が得た情報だけでは現時点で結論づけることはできません。