本文へ

English

 

サイエンス・スクエア つくば

Wonders of Science

現在の社会をささえている科学技術の数々も、人類の長い歴史の中で、科学者が追い求めた「不思議」の解明の結果です。
このコーナーは、たとえば親子で、たとえば友達同士で来館された皆さんが、ふだんあたりまえに思ってた現象が「そういえば不思議だね」って気づいてくれたらいいなって、そんな思いでつくりました。
皆さんが科学の不思議を考えるきっかけになったらうれしいです。

筋肉のフシギ

私たちがカラダを動かすときに使う体中の筋肉。
思ったように動かせるのは、脳からの命令が筋肉に伝わり、伸びたり縮んだりするからです。
脳からの信号も電気信号、力が入ったときに筋肉にちょっとだけ流れるのも電気です。
手に力を入れたときの筋肉に流れる電気をキンデンセンサーで捉えてみましょう。


生き物のフシギ

動物や昆虫、植物など、生き物の中には不思議な能力を持っているものがたくさんいます。
その不思議な力をヒントにして生まれる産業技術もあるし、いろいろな研究を進めるために、生き物の力を使わせてもらってることもあります。


音のフシギ

「音」は、私たちの大切な情報のひとつです。
周波数によって聞こえる音・聞こえない音もあります。
記録の手段としても昔から録音・再生の技術開発がされてきました。
人間が聴くことのできる周波数や、臨場感をあげるための録音方法を紹介します。


光のフシギ

私たちがいつもモノを見られるのは、モノからの光が目に届くからです。
光は波の性質を持っていて、波長の違いが色の違いにあらわれます。
目に見えない光(紫外線・赤外線)をつかった「ちょっとフシギ」も紹介します。


産総研のロボットたち

産総研では、近い将来どんな場面でロボットが活躍できるかを考えています。
そして、もうそれが実現してるものもたくさんあります。
いままで研究に使われてきたロボットや、研究から生まれたロボットたちを紹介します。
子供たちに人気のアザラシ型ロボット「パロ」ももちろん待ってます。



▲ ページトップへ