産総研トップへ

お知らせ

2016/09/08

8月25日(木) 滝沢求外務大臣政務官、駐日各国外交官が福島再生可能エネルギー研究所をご視察

平成28年8月25日(木)、滝沢求 外務大臣政務官、駐日各国外交官ご一行による外務省主催の「福島スタディ―ツアー」において、産総研福島再生可能エネルギー研究所(福島県郡山市)をご視察されました。参加10カ国(カナダ、コロンビア、エチオピア、ドイツ、ミャンマー、パキスタン、韓国、南アフリカ共和国、アラブ首長国連邦、アメリカ合衆国)から12名の外交官にご視察いただきました。
冒頭の挨拶、産総研、福島再生可能エネルギー研究所の概要説明の後、研究現場視察に移り、地中熱利用システム実証試験場、再生可能エネルギー統合実証フィールドや各研究テーマの概要をご説明しました。最後に、実験別棟の薄型結晶シリコン太陽電池の製造ラインについて、ご説明しました。
参加された外交団からは、日本の最先端の研究に高い関心が示されるとともに、福島における再エネ導入への取組みに関する理解が深まったとの感想をいただきました。

○外務省HP「在京外交団を対象とした「産総研福島再生可能エネルギー研究所」等の視察(福島スタディーツアー)(結果)」


・ご視察の様子           
ご視察 ご視察
滝沢政務官(中央)、外交団の記念写真
(エネルギー管理棟屋上にて)
薄型結晶シリコン太陽電池の一貫製造ラインの
ご説明、滝沢政務官(中央)