2012年研究カタログ
99/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財活性汚泥法によるナイロン4(Ny4-1~7)の生分解成形加工性の改善のためのアプローチ������������������������������������������������me (h)�����(%)��������������������������������������������������������������������������������������Ny4-1��7�������������������������������������������������OriginalNy4-1Ny4-2Ny4-3Ny4-4Ny4-5Ny4-6Ny4-7 ������������������������������������������������Tm����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������Tmdec.��������������������������������������������������������������������������������������������������������Tmdec.��������������������������������������������������������������������������������������Tm����������Tdec������●生分解性ポリマーの合成・物性評価● 生分解性評価(酵素法、加水分解加速試験、活性汚泥等)● 特願2011-108216 (2011/05/13)「ポリアミド樹脂組成物」● 特願2011-116784 (2011/05/25)「物性が改質された2-ピロリドンの重合体又は共重合体及びその製造方法」● 特願2011-198212 (2011/09/12)「物性が改質された2-ピロリドンの重合体又は共重合体」● 特願2012-046422 (2012/03/02)「生分解性が制御された生分解性ポリマー」 成形加工性に関しては、塩添加により融点を下げて成形し、その後脱塩する手法や、コポリマー化、側鎖修飾などによる成形温度を下げる合成化学的な手法と、末端基保護による熱安定化の手法を開発しました。塩を用いる手法では脱塩後、高い耐熱性の復元が可能です。合成に関しては低コストでのグルタミン酸からのモノマー合成法の他に、発火しやすいナトリウムを使わないナイロンの合成に成功しました。生分解性は用途によって性能を発揮したり障害になったりしますが、開始剤の選択により効果的に制御できることを見出しました。 ナイロン4はグルタミン酸から容易に合成できる材料で、今までにない高い耐熱性と強度を持つ生分解性ポリマーです。構成単位は体内に存在するアミノ酸の一種(γ-アミノ酪酸)であることから、生分解性の医療材料としての展開や、生分解性を制御した汎用用途向け材料としての利用が期待されます。しかしながら、困難な成形加工性などが問題となり、実用化されてきませんでした。当グループではナイロン4に関する種々の問題点を解決するとともに、医療用途への実用化を進めています。 ●従来、困難とされたナイロン4の成形加工性の問題を解決 ●安全、省エネで効率的な合成方法 ●高分子構造を変えることなく生分解性の制御が可能に■ 研究担当:川崎典起/山野尚子/中山敦好 ■ 健康工学研究部門 生体分子創製研究グル-プ■ 連携担当:達吉郎 /小高正人 生分解性ナイロン4の実用化技術の開発● 研究拠点関西センター97ライフサイエンス分野第6会場L-18L-18

元のページ 

page 99

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です