2012年研究カタログ
93/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財鉄(II)による臭素酸イオンの還元�����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������Br(+V)O3-+ 6Fe(+II) �Br(-I)-+ 6Fe(+III) ●メカニズムの異なる臭素酸イオンの除去技術● 特開2012-55861 (2012/03/22)「臭素酸イオン除去剤」● 特許第4958293号 (2012/03/30)「臭素酸イオン用吸着剤」● Chitrakar R., et al., Sep. Purif. Technol., 80(3), 652-657 (2011).● Chitrakar R., et al., J. Colloid Interface Sci., 354(2), 798‒803 (2011). 本除去剤は2価の鉄とアルミニウムの水酸化物シートが積層した層状複水酸化物(Fe(II)-Al LDH)です。本除去剤を用いると、臭素酸イオン濃度を0.01mg/L以下に容易に低減できます。水溶性の塩化鉄(II)を用いても臭素酸イオン濃度を低減できますが、酸化された3価の鉄が水溶液中に残り溶液が着色します。本除去剤の鉄は3価に酸化されても水溶液中に溶出しないため、溶液の着色は起こりません。また、酸化還元反応なので、共存する陰イオンの影響を受けません。 水道水中の臭素酸イオンは、浄水場における塩素系殺菌剤中の不純物やオゾン処理に由来し、法律により0.01mg/L以下と厳しく規制されています。しかしながら、水道水中の臭素酸イオンの効率的な除去技術は開発されていません。本研究では、臭素酸イオン(BrO3-)が毒性の低い臭化物イオン(Br-)に変換する還元反応に着目し、2価の鉄と臭素酸イオンの酸化還元反応を利用した臭素酸イオン除去剤を開発しました。 ●水道水中の臭素酸イオンは、法律により厳しく規制(0.01mg/L以下) ●臭素酸イオンを0.01mg/L以下に低減できる層状複水酸化物を開発 ●臭素酸イオンを、毒性の低い臭化物イオンに還元する反応機構■ 研究担当:苑田晃成/槇田洋二 ■ 健康工学研究部門 健康リスク削減技術研究グル-プ■ 連携担当:達吉郎 /小高正人 臭素酸イオン除去剤● 研究拠点四国センター91ライフサイエンス分野第6会場L-12L-12

元のページ 

page 93

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です