2012年研究カタログ
90/543

研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財産総研ニューロマーケティング支援フレームワークの構築���������������MEGEEGMRIVR���CAVE/SFS�����������������������������������������������������������������������?���������������������������������������������������������������������������● ニューロマーケティング基盤技術としての非侵襲脳活動計測データの統合計測・解析技術● 無意識・情動による認知・行動・選好過程修飾の評価課題設計技術● VR環境を用いた、フィールドを模擬した環境での、消費活動に関連する被験者行動の同時計測技術● フィールドにおける消費行動の大規模データ収集とデータマイニング技術 実社会における消費者の行動とそれに対して影響を与える要因について、(a)対象とする消費行動の特徴を、フィールドにおける行動計測(日常行動計測)を用いて抽出し、(b)消費者の無意識な選好過程を評価する実験課題を作成することにより、(c)脳機能計測技術を用いた、消費行動とそれに与える無意識・情動の影響の脳活動レベルでのモデル化する技術と、(d)VR環境において行動と脳活動を同時計測する技術を発展させ、消費行動と選好に関わる脳モデルとの対応づけを促進します。 行動経済学の発展により、消費行動は必ずしも合理的でなく、無意識的要素が大きく関与することが知られ、脳機能計測を製品等の企画に応用する技術が脚光を浴びています。しかし、脳機能計測装置で得られるデータのみでは、実世界の消費者性向をモデル化することは難しく、実際に商品・サービスの設計に反映するには大きなギャップがあります。我々は、産総研の高精度脳活動計測技術、VR技術、フィールドでの行動計測技術をシームレスに運用して、商品やサービスの企画・開発・提供方法の最適化を支援する枠組みの構築を目指します。 ●無意識下の消費行動の意思決定と環境要因との関連を定量的に評価 ●脳機能計測・VR環境・フィールドでの行動計測の体系的な運用 ●商品やサービスの企画・開発・提供方法の最適化を支援■ 研究担当:岩木直/武田裕司/小早川達/蔵田武志/竹中毅/本村陽一/三宅正人 ■ 健康工学研究部門 くらし情報工学研究グル-プほか■ 連携担当:達吉郎 /小高正人 産総研ニューロマーケティング支援フレームワークの構築● 研究拠点関西センターつくば中央臨海副都心センター88ライフサイエンス分野第6会場L-09L-09

元のページ 

page 90

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です