2012年研究カタログ
82/543

共同開発の経緯開発支援の内容と工夫製品の概要と特徴連携可能な技術��������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������化粧品原料「クミスクチンエキスBG」● 実用化には至っていませんが、他に沖縄県の海藻(ヒジキ、ウスユキウチワ、ヤハズグサ)や寄生植物リュウキュウツチトリモチなどの抽出物にヒト皮膚3次元モデルでメラニン生成抑制作用を見出しています。実用化に向けた共同研究が可能です。 本研究のうち化粧品原料の開発は主として元産総研バイオメディカル研究部門の丸山進博士と企業、公設研との共同研究により行われました。● ヤマユリの香水は「山百合のしずく」として2010年5月から茨城空港内で試験販売中です。現在、精油の含有量を高めるための改良を進めているところです。● 亜熱帯植物抽出物は化粧品原料「クミスクチンエキスBG」などとして化粧品会社向けに販売され、化粧品に配合されています。 ヤマユリ花弁の精油を水溶性で沸点が高く引火性の低い有機溶媒を用いて安全かつ簡便に抽出する小規模企業向け技術を開発しました。また、沖縄の亜熱帯植物の高度利用については、皮膚のメラニン生成抑制作用のある植物抽出物をヒト皮膚3次元モデルを用いて探索し、クミスクチン抽出物などに強い活性を見出しました。クミスクチン抽出物については化粧品原料としての実用化を目指して企業(日油㈱)が安全性を確認、沖縄県内企業(金秀バイオ㈱)が製造法を確立しました。 茨城県行方市内には多数のヤマユリが自生し栽培も容易です。地域おこしの一環としてヤマユリ精油を利用した香粧品等を開発したいというニーズが地元にあり、行方市商工会の依頼で共同開発を行いました。また、沖縄の亜熱帯植物を化粧品原料などとして高度利用したいとの沖縄県のニーズがあり県工業技術センター、企業と共同開発を行いました。■ 研究担当:河野泰広 ■ バイオメディカル研究部門 健康維持機能物質開発研究グループ■ 連携担当:産総研ライフサイエンス分野研究企画室 香粧品開発の支援80ライフサイエンス分野第6会場L-01L-01

元のページ 

page 82

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です