2012年研究カタログ
78/543

■ 研究担当:田原聖隆/本下晶晴/畑山博樹 ■ 安全科学研究部門 社会とLCA研究グル-プ■ 連携担当:匂坂正幸 水資源管理のためのウォーターフットプリント研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●製品のウォーターフットプリント算出のためのデータベース構築 ●他の環境負荷データとの統合により、環境影響の総合評価が可能 ●国際規格への対応 ウォーターフットプリント算出により製品のライフサイクル全体における水消費量を算出する動きが急速に世界で広がっています。国際規格化の動きの中、各国で製造時における水消費量が算出できるデータベースの構築が行われています。そこで、産総研で開発している環境負荷算出用データベースIDEA(Inventory Database for Environmental Analysis)にウォーターフットプリント算出可能なデータの搭載を行っています。データベースを利用することにより、製品のウォーターフットプリントの算出が容易になり、国際的な製品評価ニーズに対応できます。 現在開発中の環境負荷算出用データベースIDEAは、統計に用いられる産業分類を基本とした階層構造化により、様々な製品評価に対応する網羅的なデータを提供しています。今年度はウォーターフットプリントを算出するために必要なデータを、工業統計等の統計を活用し拡充しました。サプライチェーン全体での累積水利用量を計算し水利用量原単位をエクセルベースで提供することで、ユーザーによる簡便な計算・評価を目指しています。製造プロセス毎に水使用量を確認することもでき、データ数は3,500種類を超えています。● ウォーターフットプリント算出● 製品の水使用量管理および評価● 環境負荷統合評価、環境施策対応、サプライチェーン分析● 国際規格(ISO)対応 など知財登録情報 整理番号:2011001017 管理番号:H23PRO-1266 登録日:平成23 年5 月23 日 名称:インベントリデータベースIDEA の構築IDEA������������������������������������ISO���������etc.����������������(Inventory Database for Environmental Analysis)����������������������������4��������(XXXX00-000)�����6��������(XXXXXX-000)09�����0911�������������������������������������������������������������0912��������������������������������������������������������������������������������������2��������(XX0000-000)�������9��������(XXXXXX-XXX)�������������1800������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������CO2������������������������������������������������������������������● 研究拠点つくば西76環境・エネルギー分野西会場E-61E-61

元のページ 

page 78

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です