2012年研究カタログ
77/543

■ 研究担当:岸本充生 ■ 安全科学研究部門 持続可能性ガバナンスグループ■ 連携担当:匂坂正幸 ナノ材料のイノベーションを支えるリスク評価技術研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●多様なナノ材料を現実社会で管理するためのリスク評価技術を構築します ●事業者による自主安全管理と、行政的な管理の枠組みとの二つの観点に立っています ●産総研の他ユニット、外部機関、大学、企業等との連携で進めています ナノ材料は、多方面での技術革新やイノベーションへの期待がある一方で、リスクを適切に管理することが求められています。しかし、ナノ材料は、同じ組成であっても、サイズや形状などの違いによる多様なバリエーションが存在するため、その全てについて詳細なリスク評価を実施するのは現実的ではありません。 そこで、リスク管理の両輪としての事業者による自主安全管理と行政的な管理の枠組みの構築に向けて、効率的・簡易にリスクを評価するための評価技術を開発・提供し、ナノ材料のイノベーションを支援していきます。【事業者による自主安全管理技術】 単層カーボンナノチューブ等を対象として、試験試料調製技術と細胞試験法からなる「簡易で迅速な有害性評価手法」と、簡便な計測手法と暴露濃度の予測手法からなる「安価で簡便な暴露評価手法」を構築します。【行政的な管理の枠組みのための有害性評価技術】 ナノ材料の初期有害性情報を得るための気管内投与試験法(吸入暴露試験の簡便な代替試験法)の確立と、多様なナノ材料をグルーピングして効率的に試験することを可能にする「同等性判断基準」を構築します。● 事業者による自主安全管理技術● 初期有害性取得のための気管内投与試験法● ナノ材料の同等性判断基準謝辞: 本研究の一部は、NEDO「低炭素社会を実現する革新的カーボンナノチューブ複合材料開発プロジェクト-ナノ材料簡易自主安全管理技術の確立」(2010-2014年度)、及び、経済産業省「ナノ材料の安全・安心確保のための国際先導的安全性評価技術の開発 」(2011-2015年度)によります。����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������ナノ材料リスク評価技術の位置づけ● 研究拠点つくば西75環境・エネルギー分野西会場E-60E-60

元のページ 

page 77

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です