2012年研究カタログ
73/543

■ 研究担当:松木亮/佐分利禎/椎名拡海/高橋明文/和田有司/堀口貞茲 ■ 安全科学研究部門 爆発利用・産業保安研究グループ■ 連携担当:匂坂正幸 可燃性ガス・支燃性ガスの危険性評価と各種ガス取扱システムの安全性評価研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●可燃性ガス風洞や爆発実験設備、野外実験を併用した実験による評価 ●シミュレーション技術を用いた現象の理解と予測の技術 ●新規高圧ガス取扱いシステムに想定される事故の被害評価と安全対策の検討 近年の産業技術の高度化により様々な高圧ガスが新たに導入され、高圧ガス設備の事故件数は増加傾向にあります。また、水素を導管で供給するシステムや、地球温暖化効果は低いが微燃性を有する新規冷媒物質を用いた空調システム、すす生成の少ないディーゼル代替燃料であるDME供給スタンドなど、これまで用いられてきたシステムに新しい可燃性ガスを導入する事例が増加しています。これら新規のガスや取扱いシステムの危険性・安全性を評価し適切な安全対策を提案することで安心・安全な社会の実現・継続を目指しています。 非常に反応性が高く爆発威力も大きい支燃性ガスから、爆発範囲が狭く燃焼速度が非常に遅い微燃性冷媒まで、様々なガスの燃焼速度や爆発威力を計測・評価しています。また供給導管などから漏えい拡散する水素などの可燃性ガスの濃度分布を計測し、シミュレーションで再現する技術を開発しています。漏えい事故に関しては着火が起こった場合の爆発威力や拡散火炎の影響評価も行っています。さらに事故シナリオの洗い出しや事故発生頻度の評価と連携して総合的なリスク評価を目指して研究を行っています。● 各種可燃性予混合気の燃焼速度、予混合爆発威力評価● 各種高圧ガスの漏えい拡散挙動評価、予測技術● 新規取扱いシステムの事故シナリオ洗い出しと評価方法の検討謝辞: 本研究の一部は、経済産業省石油精製業保安対策事業、経済産業省水素ネットワーク構築導管保安技術調査、NEDO高効率ノンフロン型空調機器技術の開発により、研究を実施しています。シャドウグラフ法で観測された水素の拡散挙動赤外線撮影により可視化した水素の球形火炎● 研究拠点つくば西71環境・エネルギー分野西会場E-56E-56

元のページ 

page 73

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です