2012年研究カタログ
68/543

■ 研究担当:飯村洋介 ■ 環境管理技術研究部門 浄化機能促進研究グループ■ 連携担当:黒澤茂 放射性セシウムにより汚染された家屋等の対策技術研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●放射性セシウムにより汚染された家屋等の除染技術の開発 ●放射性物質の拡散の防止および減容化、除染排水の再利用 ●機動性が高い現位置型循環型の高圧水による除染技術の開発 福島県の比較的高い線量にある地域にある家屋では、屋内においても0.6-1.2μSv/hrという比較的高い空間線量が観測されます。そのため屋内での被ばくもまた十分に低減させる必要が有ると考えられます。本研究では、屋内における高線量率の原因の把握を行うとともに、その因子を取り除く効率的な手段を明らかにすることを目的としています。また、そうした家屋の多くが山麓に密集しているため、現場で除染から放射性物質の減容化までが完了可能であり、コンパクトな除染技術の開発を行うことを目的としています。 高線量率の原因を調査した結果、屋内で高い空間線量率が観測された家屋では、屋根に多くの放射性セシウムが付着していることが判明しました。実際に、この屋根の除染を行ったところ、屋内の空間線量を0.3-0.6μSv/hrに低減させることができました。本研究では、少量の水で屋根に付着した放射性セシウムを効率よく除去するため、水を高温・高圧にして吹き付け、排水を回収可能な高圧水洗浄機を開発しました。また、排水に含まれる放射性セシウムは粘土に吸着されており、全てを凝集沈殿により排水から除去できることが分かりました。従って、この処理排水を再度洗浄用水として利用できるため、放射性セシウムを含む排水の減容化を同時に行える循環型除染技術の開発へと繋げていくことが可能となりました。● 可搬型スペクトルサーベイメーターによる放射線測定● 排水回収型高温高圧水洗浄技術● 除染排水に含まれる放射性セシウムの回収共同研究相手先:株式会社 小泉 環境事業部����������������������������������������������������������������������������������������������������������������������除染前後における対象部位ごとの放射能除染作業((株)小泉)● 研究拠点つくば西66環境・エネルギー分野西会場E-51E-51

元のページ 

page 68

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です