2012年研究カタログ
55/543

■ 研究担当:中里哲也 ■ 環境管理技術研究部門 計測技術研究グループ■ 連携担当:黒澤茂 光反応を利用した水質モニタリングのメンテナンスフリー化研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●紫外線ランプ光を効率良く水に当て、酸化力のある活性成分を発生 ●この活性成分を用いて、わずか1分で河川水中の有機物を迅速分解 ●高価・有害な試薬不要で、水質汚濁指標の有機物の全炭素量を測定 世界的に安全な水が不足しており、水資源の管理が重要な課題となっています。管理には水中の全有機炭素(TOC)などの水質汚濁指標を連続監視(モニタリング)する必要があります。しかし、既存の計測法は、白金触媒や過酸化物試薬など高価・有害な試薬を用いた煩雑・危険・長時間の処理を行うため、メンテナンス、コスト、時間、および安全管理の負担が大きく、その結果、効率的な水資源管理が行えませんでした。本研究では、試薬を代わりに光反応を利用した処理を行うことで、メンテナンスなど上記の負担を低減化した水質モニタリング技術を開発しています。 反応管を紫外線ランプに貫通させることで、ランプからの光を反応管内に導入した測定溶液に効率良く照射できる手法・装置を開発しました。この光照射により、溶液中の水分子から酸化力が高い活性成分である水酸化ラジカルを効率良く発生させることができます。このラジカルを用いることで、試薬を用いずに河川水の溶存有機物をわずか1分間で迅速に分解できます。この分解生成物である無機炭素を赤外吸収分析計を用いて検出することで、有害・高価な試薬を用いずに河川水中の溶存有機物のTOC量をモニタリングする装置を開発しています。● 水中の化学物質に関する計測技術● 特許第3268447号(2002/1/18)、米国特許第6299844号( 2001/10/9)、「光反応管内蔵型光反応装置」● 特許第4538604号(2010/7/2)「光反応管内蔵型光反応装置及びこれを用いる水質モニタリング装置」�������������������������������������������������������������������������������������������������������光反応を利用した水中有機物の無試薬分解および全有機炭素量のモニタリング装置● 研究拠点つくば西53環境・エネルギー分野西会場E-38E-38

元のページ 

page 55

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です