2012年研究カタログ
541/543

産総研の産学官連携・技術移転プロセスお問い合わせは 産学官連携推進部へ TEL: 029-862-6144http://www.aist.go.jp より連携案内 メニューへ【産業技術指導員による研究開発支援】● 産業技術指導員が企業を訪問して、技術相談を受けたり産総研のシーズを紹介したりし、必要に応じて、産総研の 研究者を紹介します。● 企業の現場を見学させて頂き、その場で課題に対する意見を提示させて頂くことも可能です。● 複数の産業技術指導員やイノベーションコーディネータとの意見交換を通じて、幅広い分野の課題に対して最善の 回答を提示することも可能です。● 課題の解決に向けて具体的な研究計画の立案・提案を行うことも可能です。【イノベーションコーディネータ等によるソリューション提案】● イノベーションコーディネータ等が訪問し、企業ニーズに合った産総研の最新の技術情報の紹介、企業の技術開発 課題を抽出するための意見交換などに対応させて頂きます。● 企業ニーズに対して、産総研の最適な研究ポテンシャルとのマッチングや分野融合による共同研究等のコーディネート なども行うことが可能です。● 研究現場からのボトムアップの共同研究とは異なり、企業のビジョンに対応した戦略的な共同研究の立案もできます。 イノベーションコーディネータが事前調整をします(必要に応じて)秘密保持契約関係者間(企業側担当者、研究者等)で協議技術相談(産学・地域連携室、地域産学官連携センター)お問い合わせは産学官連携推進部知的財産部が担当します研究試料提供契約技術情報開示契約共同研究受託研究寄付金等 事前調整の概要・面談により相談内容を把握・研究者をリストアップし 研究者に打診・ニーズ/シーズを提示・研究内容の調整・研究資金受入れ額の算定・産総研の連携制度の活用知的財産部が担当研究契約書等の調整・合意・締結研究の開始・試料の提供、取り扱いなど具体的な事項は協議実施許諾契約協議に基づき契約種別を選択します539お役立ち情報

元のページ 

page 541

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です