2012年研究カタログ
504/543

■ 産総研からの主な参画研究者 幹細胞工学研究センター 伊藤弓弦 ■ 担当部署 ライフサイエンス分野研究企画室 田村具博 幹細胞評価基盤技術研究組合組 織 概 要研 究 目 的研 究 概 要産総研の貢献謝 辞【設立】2011年2月【理事長】河野 行伸(川崎重工業株式会社 執行役員)【現組合員】4社・2機関(2012年7月現在)川崎重工業(株)、(独)国立成育医療研究センター、(株)医学生物学研究所、大陽日酸(株)、(株)ニコン、(一財)バイオインダストリー協会、(独)産業技術総合研究所 組合員の協同によるヒト幹細胞実用化に向けた評価基盤技術の開発に関する試験研究その他組合員の技術水準の向上及び実用化を図るための事業を行うことを目的としています。 1. ヒト幹細胞の安定な培養・保存技術の開発2. ヒト幹細胞の品質管理・安定供給技術の開発● 産総研の持つ遺伝子発現、マーカー解析などのコア技術を基に、プロジェクトを推進 本事業は独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「ヒト幹細胞産業応用促進基盤技術開発/ヒト幹細胞の実用化に向けた評価基盤技術の開発<プロジェクトリーダー:中畑龍俊教授(京都大学 iPS細胞研究所)>」により行われているものです。iPSグループの研究概要間葉系グループの研究概要連携連携連携ニコン医薬基礎研名古屋大学評価画像解析装置自動培養装置培地川崎重工業大阪大学共同研究契約締結培地基材凍結保存液大陽日酸標準化案案策策策策定定定定定標準化案策定バイオインダストリー協会自動凍結解凍装置京都集中研成育医療研究センター成育医療研究センター細胞供給細胞品質検証東京都健康長寿医療センター細胞供給細胞品質検証細胞品質検証品質管理データ化産業技術総合研究所● 研究拠点つくば中央502特別展示第6会場X-34X-34

元のページ 

page 504

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です