2012年研究カタログ
503/543

■ 産総研からの主な参画研究者 新燃料自動車技術研究センター 後藤新一 新燃料自動車技術研究センター 小熊光晴 ■ 担当部署 イノベーション推進本部国際標準推進部 鬼束忠人 基準認証イノベーション技術研究組合(IS-INOTEK)組 織 概 要【設立】2011年1月【理事長】津田 信哉(パナソニック株式会社 R&D部門 技監)【現組合員】18社・9機関(2012年7月現在)パナソニック(株)、(株)東芝、(株)日立製作所、三菱電機(株)、ソニー(株)、富士通(株)、日本電気(株)、(株)テクノファ、(株)いすゞ中央研究所、ナカシマメディカル(株)、インターテックジャパン(株)、シャープ(株)、キヤノン(株)、(株)ブリヂストン、(株)つくばウエルネスリサーチ、ダイキン工業(株)、富士フィルム(株)、宇宙開発合同会社、(国)九州工業大学、(一財)日本規格協会、(一財)日本品質保証機構、(一財)電気安全環境研究所、(一社)DME自動車・バイオDME普及推進委員会、(一社)日本電機工業会、(一社)日本冷凍空調工業会、(一社)日本航空宇宙工業会、(独)産業技術総合研究所研 究 目 的 組合員の協同による国際標準化及び認証に関する試験研究、その他組合員の技術水準の向上及び実用化を図るための事業を行います。研 究 概 要1. H24年度アジア基準認証推進事業補助金 ① 次世代自動車用バイオDME事業② 冷蔵庫消費電力量評価事業③ パーソナライズド人工関節の機能・安全性評価事業2. 組合自主事業① 人材育成事業② 新規戦略事業③ スマートグリッド関連事業産総研の貢献●研究装置等のインフラを組合員へ提供● 組合員企業からの出向研究員に対し技術や装置使 用方法を指導●枢要な研究開発ポテンシャルでプロジェクトを推進謝 辞 本事業は経済産業省の「アジア基準認証推進事業」により行われているものです。アジア基準認証推進事業の概要!"#電気冷蔵庫、自動車用DME、人工関節など国際標準化機関○世界の市場 への展開を 後押し国際標準を提案○市場形成・ 拡大に適応○優れた性能 を持つ日本 製品が適正 に評価より正確な試験日本とアジア太平洋諸国で共同研究より使用実態に則した評価方法、性能を適切に評価できる試験方法などの開発試験機関● 研究拠点つくば東501特別展示東会場X-33X-33

元のページ 

page 503

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です