2012年研究カタログ
500/543

■ 産総研からの主な参画研究者 先進パワーエレクトロニクス研究センター 奥村元 ■ 担当部署 環境・エネルギー分野研究企画室 安田和明 技術研究組合次世代パワ-エレクトロニクス研究開発機構(FUPET)組 織 概 要研 究 目 的研 究 概 要産総研の貢献【設立】2009年8月【理事長】下村 節宏(三菱電機株式会社 取締役会長)【現組合員】23社・1大学・1機関(2012年7月現在)(学)関西学院 関西学院大学、旭ダイヤモンド工業(株)、カルソニックカンセイ(株)、サンケン電気(株)、昭和電工(株)、新日本製鐵(株)、(株)タカトリ、(株)デンソー、(株)東京カソード研究所、(株)東芝、(株)東レリサーチセンター、トヨタ自動車(株)、(株)豊田中央研究所、豊田通商(株)、日産自動車(株)、パナソニック(株)、日立化成工業(株)、(株)日立製作所、富士電機(株)、(株)フジミインコーポレーテッド、(株)本田技術研究所、三菱電機(株)、(株)明電舎、ローム(株)、(独)産業技術総合研究所 組合員の協同による次世代パワーエレクトロニクスに関する試験研究、その他組合員の技術水準の向上を図るための事業を行うことを目的としています。1. 次世代SiC電力変換器基盤技術2. SiCを用いた電源およびパワーコンディショナ 技術3. 高品質・低コスト大口径SiCウエハ製造技術4. SiC高耐圧スイッチングデバイス製造技術5. 高耐熱部品の実装基盤技術● 産総研職員がNEDOプロジェクトのリーダーとして、プロジェクトをマネジメント● 産総研の「パワーエレクトロニクス研究拠点」に集中研を整備し、SiCパワーデバイス製造技術の開発を促進● 組合員企業からの出向研究員に対し、技術や装置使用方法を指導謝 辞 本事業は独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「次世代パワーエレクトロニクス技術開発」「低炭素社会を実現する新材料パワー半導体プロジェクト」<プロジェクトリーダー:奥村 元(産業技術総合研究所)> により行われているものです。組合事業と研究開発ロードマップ昇華法8インチ液相法等50W/cm310W/cm325W/cm3EV/HEV、鉄道、重電系統インフラNEDO次世代パワエレ(開発実証)SiC昇華法4インチ中耐圧(1kV級)デバイス超高耐圧(10kV級)バイポーラ高耐圧(5kV級)化デバイス、高信頼高温動作(250 ℃級)高機能化昇華法6インチ厚膜、高純度エピ家電、照明汎用インバータIT電源、パワコン2005201020152020年 度最先端研究支援新材料パワー半導体性能(口径、高効率、高パワー密度、高機能、等)● 研究拠点つくば中央つくば西498特別展示第3会場X-30X-30

元のページ 

page 500

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です