2012年研究カタログ
497/543

■ 産総研からの主な参画研究者 ユビキタスエネルギー研究部門 谷本一美 ■ 担当部署 環境・エネルギー分野研究企画室 安田和明 技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センタ-(LIBTEC)組 織 概 要研 究 目 的研 究 概 要産総研の貢献謝 辞【設立】2010年4月【理事長】吉野 彰(旭化成株式会社 フェロー)【現組合員】18社・1機関(2012年7月現在)旭化成(株)、石原産業(株)、(株)カネカ、(株)クラレ、JSR(株)、JNC(株)、住友ベークライト(株)、ダイキン工業(株)、大日本印刷(株)、東レ(株)、戸田工業(株)、凸版印刷(株)、日東電工(株)、(株)日本触媒、日本ゼオン(株)、富士フイルム(株)、三井化学(株)、三菱化学(株)、(独)産業技術総合研究所 組合員の協同によるリチウムイオン電池等蓄電池材料の評価に関する試験研究、その他組合員の技術水準の向上及び実用化を図るために本事業を行います。 1. 日本の電池メーカのOB技術者を研究マネージャーとし て布陣した体制で、新しい蓄電池材料の性能や特性につ いて、「共通的に評価できる基盤技術」を開発します。2. 参加企業から持ち込まれる新材料を対象に、コイン型 電池、ラミネート型電池を試作し、充放電特性等を評価 します。3. 蓄積されたデータを基に、今後の「材料開発指針」を 提示し、材料メーカーと電池メーカーとの摺り合わせ 期間を短縮します。● 関西センター関西産学官連携研究棟内に技術研究組合の拠点を構築● 参画企業等が技術を持ち寄り、有機的に結合でき、共通的な評価技術開発が可能となるよう連携・支援 本事業の一部は独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の「次世代蓄電池材料評価技術開発<プロジェクトリーダー:太田 璋(技術研究組合リチウムイオン電池材料評価研究センター)>」により行われているものです。組合事業の概念図関西産学官連携研究棟電池材料(関西)材料開発指針へ フィードバック電 池産 業テスト電池作成電池特性評価● 研究拠点関西センター495特別展示第3会場X-27X-27

元のページ 

page 497

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です