2012年研究カタログ
492/543

安心・安全な社会構築のための基盤情報である地質情報の整備を行います。産総研の科学基盤研究の一角を占める地質分野は、活断層・地震研究センター、地圏資源環境研究部門、地質情報研究部門および深部地質環境研究コアが研究を担い、地質調査情報センターと地質標本館が研究を支援しています。地質分野は国の業務として経済産業省が担当する「地質の調査」を実施することを最も重要なミッションと位置づけています。上記の研究ユニット群と支援部門は「地質調査総合センター(Geological Survey of Japan)」のもとに連携し、国内・国外に対して、「地質の調査」に関する国家代表の役割を果たしています。 地質分野で扱う地質情報は、国土の基盤情報として、国として整備されるべきものであり、日本では経済産業省が所掌し産総研にその整備が委託されています。産総研地質分野では、「地球をよく知り、地球と共生する」というコンセプトのもと、日々、より精度の高い地質情報を社会に提供するための調査・研究、技術開発、情報の整備・発信を行い、広く国民の皆様の要請に応えていきます。活断層・地震研究センター地圏資源環境研究部門地質情報研究部門深部地質環境研究コア地質調査情報センター地質標本館地質分野地球をよく知り、地球と共生する地質分野の概要生活に必要な物資の入手(資源・エネルギーの確保)安全な生活の場の確保(防災・環境保全)生活に使ったものの処分(廃棄物処理・環境汚染)生活に必要な物資の入手(産業,資源・エネルギーの確保)地球と共生する地球をよく知る現在・・・どうなのか過去・・・どうだったのか将来・・・どうなるのか政策決定に必要な人間産業活動への安心・安全で持続的発展可能な社会の実現に向けて490特別展示X-23

元のページ 

page 492

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です