2012年研究カタログ
48/543

■ 研究担当:中村考志/蛯名武雄/林拓道/和久井喜人 ■ コンパクト化学システム研究センター 先進機能材料チーム■ 連携担当:南條弘 放射線の見える化膜研究のポイント研究のねらい研究内容連携可能な技術・知財 ●粘土や色素などを含むペーストを塗布乾燥すればできるため大量生産が容易 ●放射線感受性のある有機化合物を添加したことにより、敏感な色変化を実現 ●色素が粘土結晶の間で固定・安定化されるため、酸素などによる退色を防止 本研究は不安定化合物の安定化やガス遮蔽性といった物質的特徴、安価であるといった経済的特徴を持つ粘土に放射線感受性のある有機化合物及び色素を担持させることにより、放射線の暴露により変色し肉眼で放射線量を確認できる材料の開発およびシート化への展開を目指しています。 これにより安価かつ簡便に放射線量を確認することができるシートを提供できるようになり、広範囲に亘る土壌、河川、湖沼の放射線量を簡便に調査可能となり、除染作業の効率化、費用削減につながります。 本研究は粘土層間に放射線感受性を高める化合物、色素等、種々の分子を粘土に担持し、低線量で色変化する組み合わせを探索しています。 放射線以外の要因による化学反応に伴う色変化を抑制することを目的として、ガスバリア材、UV遮蔽コーティング剤との組み合わせ、製膜化の検討を行います。●放射線量を視覚化する材料技術謝辞: 本研究は、(財)若狭湾エネルギー研究センター「平成23年度嶺南地域新産業創出モデル事業補助金」の補助を受け、(株)NUCLEAR TECHNOLOGY、横浜国立大学、福井工業大学、関西電子ビーム(株)と共同で行われているものであり、各機関ならびに企業の皆様の多大なご協力を頂けたことに感謝の意を表します。UV��������O2, H2O��������������������������������������������������������������������������������������������X��100Sv������������放射線見える化膜のコンセプトと現在開発している膜の外観● 研究拠点東北センター46環境・エネルギー分野第5会場E-31E-31

元のページ 

page 48

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です